GoogleはAlphabetになった、しかしAlphabet.comドメインは持っていない

次の記事

アメリカのメジャーテレビ局が本物のスタートアップ起業家が登場する連続ドキュメンタリー番組を放送

そういうわけで今やGoogleは、Alphabetの一部となり、新持ち株会社がGoogleおよびその他の事業を経営する。なぜ新会社の名前はAlphabetなのか? Alphabet CEOのLarry Page 曰く、Alphabetは「人類で最も重要な革新の一つである言語を表現する文字の集合であり、われわれがGoogle検索のインデックスを作るしくみの中核だから」。しかし、Alphabetのドメイン名は abc.xyzであり ー alphabet.com(現在猛烈なトラフィックに襲われているらしい)ではない。

GoogleもAlphabetもalphabet.comを所有していないようだ — BMWが持っている。Alphabetは、BMWグループの一員で、運送管理と金融に特化したビジネスモバイルソリューションだ。Alphabetは1997年に創立されており、長年定着しているドメイン名を手放すことは考えにくい。

Alphabet International GmbHは最近、国際自動車金融ネットワークアワードを受賞した。混乱を招くことはまったくありえない。

ボーナス:Google/Alphabet/abc.xyzは、Twitterアカウントの @alphabetも所有していない — オハイオ州クリーブランドのChris Andrikanichが持っている。Alphabetは、@alphabetincでフォローできるが、@abcではない — なぜならABCが所有しているから(そして @abcxyzは、廃棄アカウントらしい)。さらに言うと、実は@aIphabetincの ‘I’ は‘i’の大文字であって、小文字の ‘L’ ではない — なぜならalphabetincはすでに使われているから。そろそろ混乱したかな?

__ICANN_WHOIS60a6a486-8b33-4528-b684-17d3e5caecb2-large

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook