ライブストリーミングのPeriscope、登録ユーザー1000万人突破。1日の視聴時間は40年

次の記事

Twitterがダイレクトメッセージの140文字制限を撤廃したため、スクロール地獄は免れなくなる

ライブビデオ配信サービスのPeriscopeは、開業わずか4ヶ月で登録ユーザー1000万人という見ごとな記録を達成したが、彼らが注目されたいのは、ユーザーがストリーミングしたビデオコンテンツの莫大な量だ。同サービスでは、iOSおよびAndroidアプリを通じて、毎日40年近い視聴時間が費やされている。

コンテンツの消費時間は、1日あたり35万時間を超え、これにはブラウザーでperiscope.tvを見た時間は入っていない。現在同社は正確な視聴時間を測定する方法を模索中だ。

1-Vr993M2wiOqOzcgAXAqIgQ.0

Periscopeは自社のブログ記事で、月間アクティブユーザー数などのなぜもっと一般的な指標ではなく、視聴時間を優先するかを詳しく説明している。

DAU/MAUに最適化することは、人々が喜んでくれる製品を作る、というわれわれのモチベーションをただしく高めない。理由はこうだ。もし、DAUを伸ばすことに動機づけられたなら、わらわれは一般的なグロースハックやバイラル手法やマーケティングに投資して、ダウンロード数を増やそうとするだろう。この方向性は、よりよい製品やPeriscopeの成功につながるとは限らない。

Periscopeの共同ファウンダー・CEO、Kayvon Beykpourは今日(米国時間8/12) PeriscopeストリームでQ&Aセッションを行い、ブログ記事やPeriscopeのこれまでの成長について語った。

彼は、サービスの成長に関する興味深い事実情報をいくつか公表した。

  • Periscopeの開始数日間の成長は華々しく、わずか10日間で100万ユーザーを超えた。
  • 現在同社では23名正社員が成長するサービスを運用している。
  • Beykpourは同サービスに対するTwitter’のサポートを喜んでいる。「Twitterは驚くべきリソースをPeriscopeにつぎ込んでいる」
    • Beykpourは、たった今広告は彼らの頭のどこにもない、と言った。

ユーザーからの質問に答えながら、彼はPeriscopeチームが取り掛かっている新機能について、いくつか予告した。

  • 同社はプラットフォーム上のスパムや悪用をへらす努力をしている。
  • 彼は、再生中早送り機能を追加しようと考えている。
  • チームは、アプリに横位置再生機能を追加する作業中である。

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook