Opera Max
Opera

Opera MaxがHTTPSをサポート―Androidユーザーは帯域制限がかかるまでに2倍のYouTubeを見られる

次の記事

Samsung、Apple Watchに対抗するGear S2のビデオをリリース

だいぶ前からOpera のAndroid向けデータ圧縮プロキシー、Opera Maxはテキスト、画像、動画データを圧縮し、ユーザーがInstagramなどのサイトを訪問したときのデータ通信の量を大幅に節約してきた。残念ながら、これまでOpera MaxはHTTPSビデオの圧縮ができなかった。つまりYouTubeやNetflixには効果がなかった。

しかしながら、今日(米国時間8/18)のアップデートでHTTPSが新たにサポートされた。これでOpera Maxのユーザーは、同一のデータプランの制限内でYouTubeのネコ動画やNetflixの古いSFをこれままでの2倍も楽しめる。

Operaによれば、Maxはバッファリング時間を短縮し、画質の大きな劣化なしにデータ量を50%まで圧縮できるという(とはいえ、よく観察すればブロックノイズなどが多少増えている)。もちろん実際のデータの削減量は個々のユーザーのネットワーク環境と使用しているデバイスによって変わってくる。

通信量削減の仕組みはこうだ。ユーザーがOpera Maxを通じて動画ファイルを呼び出すと、Opera Maxはそのファイルをいったん自社のMax用サーバーに読み込む。そこでデータを圧縮してから改めてユーザーに送信する。ローカルのMaxアプリがそれを元に戻して表示する。つまりユーザーのトラフィックはすべてOpera Maxのサーバーを経由することになる。Operaは「ユーザーのプライバシーの保護を至上命題としている」と述べている。Maxを利用するのであれば、Operaを信頼するしかない。

Opera Maxがスタートしたのは2014年2月だが、Operaはそれ以前からデスクトップ向けの同様のサービスをOpera Turbo として提供していた。

データ量無制限のプランでキャリヤと契約しているユーザーにはあまりメリットのないサービスだが、もし読者のプランにデータ量の上限がある〔あるいはデータ量によって帯域制限がかかる〕なら試してみる価値が大いにあるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+