Chromeがタブを開いても自動再生ビデオの再生が始まらない機能を導入…職場で他人に迷惑をかけないため

次の記事

Tesla Model S P85D、コンシューマーレポート誌で100点満点中103点の新記録を樹立

誰にも経験がある。広大なインターウェブ*を探検しながら、次々と連射砲のようにタブを開きまくっていると、その無数のタブの中から突然、広告のBGMの自動再生が聞こえてくる。次に、宣伝アナウンスのでっかい声が、仕事をしているオフィス全体に鳴り響く。たいがい、男性用避妊薬とか、無料でiPad差し上げますとか、そんなのばっかり。〔*: interweb(s), インターネットのこと。俗語。〕

Googleが、それを終わらせてくれる。

昨年Chromeは、ノイズ発生源のタブを教えてくれるようになった。そして今度は、もっとラジカルなことを。

Google+のポストで、ChromiumのエヴァンジェリストFrançois Beaufortが、次のバージョンのChromeの機能を紹介している。その中に、タブ中に自動再生ビデオがある場合、それは、そのタブを実際に見るまでは再生されない、というのがある。

つまり、新しいタブを開いたとき、ビデオが自動再生になっていたら、それはロードされるけど、そのタブを表示するまで再生は始まらない。一部の人たちが求めていた、自動再生の完全禁止ではないけれども、これからは、あわててタブを閉じなくてもよくなる。自動再生を完全に禁じたら、YouTubeなど一部のサイトではユーザ体験が損なわれるだろう。

Chrome/Chromiumの今後の課題ページには、タブがキーボードやマウスのフォーカスを一度得ると、自動再生のパーミッションがそのタブを閉じるまで継続することが、指摘されている。でもそれは、プレイリスト(連続自動再生)の機能などが、ほかのタブにフォーカスが行ったときに損なわれないためだ。〔要するにいったん始まった自動再生は、そのタブを閉じないかぎりずっと許可状態になる。〕

今この機能は、ChromeのDev Channelバージョンにある。機能として完成したら、次の公式バージョンに含まれる、という意味だ。

tubes

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa