新しいiPhone 6SとiPhone 6S Plusの使用体験ビデオ(6分)

次の記事

GoogleがPlay Gamesのプレーヤー分析機能をアップデート、iOSサポートを改良、より詳細なユーザ実態報告

今日(米国時間9/9)行われたAppleのイベントでは、新しいiPhone 6SとiPhone 6S Plusに実際に触(さわ)ることができた。これらの新型機では画面のセンサがいわば‘3D化’して、指の圧力レベル(浅い〜深い)を検出できる。これによって、ホーム画面でもアプリの中でも(つまりネイティブでもサードパーティでも)新しいタイプの対話が可能になる。

またカメラの容量は4Kビデオを撮れる12メガピクセルになり、フロントカメラの方は夜の自撮りでも背景が暗くならないように、写真の背景に画面を使える‘フラッシュ機能’が導入された。

〔スチルで撮った写真がデフォルトで必ず超短編(音つき!)ビデオである、というLive Photo機能はこの記事。〕

下のビデオで、それらの新しい機能をご覧いただきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa