cloud databases
cloud sql

Googleクラウド上の関係データベースサービスCloud SQLがバージョン2となり大幅に高性能化

次の記事

Labitが子会社「ゲームエイト」をGunosyに譲渡——1000万MAU・単黒達成のゲームメディア運営

GoogleのCloud Platform上には、完全な管理を伴うMySQLデータベースのサービスがあり、そのサービスはCloud SQLと名付けられている。そして今日(米国時間12/10)、このデータベースサービスのバージョン2が、ベータでローンチした。

Cloud SQLのバージョン1は2011年にローンチしたが、一般公開されたのはそれからちょうど2年半後だ。そしてGoogleによると、今日のアップデートでCloud SQLのスループットはこれまでの7倍速くなり、スケーリングの上限はデータ10TB、IO速度15000IOPS、1インスタンスあたりのRAMサイズ104GBとなる。いずれの数値も、バージョン1より大きい。

performance-comparison

今回のアップデートに伴い、Cloud SQLの料金プランも変わる。サービスのインスタンスタイプがCompute Engineと同じになるので、‘長く使えば安くなる’のGoogle哲学により、Google独自の持続的利用の料金(sustained use pricing)が適用される。つまり1か月の時間の25%以上サーバを動かすと、ディスカウント料金になる。

ただしベータ期間中は、サーバの使用時間の長短にかかわらず、全ユーザが持続的利用料金になる。

以下が、ニューバージョンの仕様だ:

0-1

Googleの注記によると、このバージョン2のサービスは同社のCloud Platformのこれまでの改良成果をフルに利用している。それはスピードの向上だけにとどまらず、さまざまな面での柔軟性(自由度)のアップにより、データの量的処理能力も大きくなっている。

そのほかニューバージョンにはHigh Availabilityフェイルオーバ、リードリプリケーションのオプション、バックアップ周期とメンテナンスウィンドウを構成可、などの高度な機能もある。

デベロッパはこれらのデータベースに、どこからでも接続できる。GoogleのCompute Engineからはもちろんだが、彼らのワークステーションからでも。ただしApp Engineからのニューバージョンの利用は、もうすこし待たされるようだ。

〔訳注: 12月10日に公開された原文が、しばらくアクセス不能となり、今日(日本時間12/15)復帰しました。今後持続する正規稿とみなし、ここに訳出します。〕

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。