NASAとApple、ウィーザーとトレント・レズナーの協力を得て木星の楽曲を作る

次の記事

Das Keyboardの5Qは、クラウドに接続するインテリジェントなキーボード…キートップのブリンクで情報を表示

ジュノー探査機が7月4日に木星に到着する予定に合わせて、NASAはその特別な瞬間をにふさわしく、Appleと組んで短い動画を作り、ウィーザーやナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーらのアーティストを呼んで祝福した。

Visions of Harmonyと題したその短編映画は、iTuneを通じて公開され、宇宙探査と音楽のつながりを祝う、すばらしいビジュアルを見せている。

レズナーはよくコラボしているアッティカス・ロスと共に、映画のサウンドトラックのために、太陽系最大の惑星から発せられる電磁波サウンドにインスパイアされた9分間のBGMを作った。

一方ウィーザーは、さらに盛り上がった愛国的な方法をとり、独立記念日に因んだひどく大ざっぱな楽曲 “I love the USA” を作った。かつて賢人が言ったように「われわれは戦わずして滅びはしない! われわれは生き続ける! われわれは存在し続ける! 今日、われわれは人類の独立記念日をたたえる!」

おめでとう、ジュノー。自由な世界をかっこよく飛び続けてくれ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook