アウトドア
夏休み
旅行

夏休みの計画に使えるアプリ3選

次の記事

Skype Meetingsは小企業向けの無料のビデオ会議サービス、というかSkype for Businessのフリーミアム化?


アメリカでは7月4日(アメリカ独立記念日)の3連休となり、もしも今どこかへ旅行に出かけていなければ、そのうち夏休みを取る人も多いだろう。KayakからTripAdvisorまで、巷には休暇の計画を立てるのに役立つアプリが溢れているが、TechCrunchでもいくつか使えそうなアプリを発見したので、テストを行った数あるアプリの中からオススメを紹介しよう。

Hopper

行きたいところは決まっているが、いつ行くかが決まらないということはないだろうか。ハワイに行くのはいつが一番いいのだろう?といった疑問を持ったことがあれば、Hopperを使ってみて欲しい。目的地を入力すると、画面上に色分けされたカレンダーが表示され、いつ頃航空券が一番安くなるのかというのが分かるようになっている。緑はお買い得な日を意味し、赤は最高値を表している。もしもサンフランシスコからハワイへ行きたいと考えていれば、9月に旅行を計画することで100ドル節約できる。

screen322x572-5

Hopperはプライスアラート機能も備えているので、値段が下がると通知が来るようにも設定できる。乗客情報と支払情報を事前に登録すれば、航空券が狙った価格帯に入った瞬間にすぐ予約することもできる。Hopperは無料アプリでiPhone、Androidどちらでも利用可能。

Musement

シティガイド系のアプリも色々とチェックしたが、その美しいデザインと、現地の人の生活に根付いた情報を紹介することに注力しているという点から、Musementが選ばれた。このアプリを使うと、ニューヨークで人気のルーフトップバーや、街で一番のホットドッグが食べられるお店などの情報を入手することができる。さらにMusementでは、近くのお店や今開いているお店などの条件で簡単に情報の並び替えもできる。

screen322x572-4

Musementの各項目にはそれぞれ、Foursquareのオススメ情報とその場所の連絡先が記載されており、コンサートなどのイベントチケットもMusementを通して直接購入可能だ。こちらも無料でiPhoneとAndroid両方に対応している。

The Outbound

もしもハイキングやハンググライディングがお好みであれば、アウトドアアクティビティの計画ができるThe Outboundを要チェック。The Outboundを使えば、サーフィンやバックパッキング、マウンテンバイキングなどが出来る場所を簡単に検索できる。街の名前で検索すると、おすすめの順路に関する情報と関連写真が確認可能。

screen322x572-3

さらにThe Outboundは、アクティビティ毎に1年のうちいつ行くのがいいか教えてくれ、持ち物についてのリマインド機能も備えている。これでBig Surに行ったときにどこを探索すればいいかよくわかる…

The Outboundは無料でiPhone向けに公開中。

原文へ

(翻訳:Atsushi Yukutake/ Twitter