Pokémon Goは、多くのことを教えてくれた

次の記事

地上走行配送ドローンの普及は近い―Skypeの共同ファウンダーのスタートアップが実験を拡大

私はPokémon Goを殆どの時間プレイしていて、それは天にも地にも私を止められる力が存在しないからだが、ここでこのゲームや私自身、そして人生について学んだことをいくつかご紹介したい。

  1. 新しいPokémon教授は本当に本当にハンサムだが靴はひどい

    むしろProf. Dreamboatだ

  2. できればあまり、いや一切動きたくない

    Screenshot_20160706-144554

    メートル法の苦手な人に言っておくと、5 kmは結構な距離だ

  3. 私は未だになまけ者である以上にケチである。なぜならPokécoinsを本物のお金で買ったことがない

    pokemon-go-pokecoins

    名誉を保ったまま最高の人間になる道を買うことはできない

  4. Pokémon音楽は公衆の面前でボリームを最大にして聞くと非常に恥かしい

    il_fullxfull.501886942_ho7y

    代わりにこれを使おう

  5. バーチャルPidgey[ポッポ]を、デスクの上の古い空のインスタントラーメンどんぶりの前で捕まえるのは気がめいる。

    Screenshot_20160706-124628

    あれは実際には空の犬用のボウルだ。ただし私は決してドッグフードは食べない。絶対に。

  6. Charmander[ヒトカゲ]以外のPokémonとは、おそらく友達になれない

    Screenshot_20160706-114318

    客観的に見て最高

  7. Pokémonを交通量の多い交差点で捕まえると、間違いなく超ヘンな奴に見える

    Screenshot_20160706-144044

    ヒゲ面の男(私)が写真を撮っているのを見つけた人は、何とかしてフレームの外へ逃げる

  8. あなたからの電話は受けられない、なぜならPokémonが電池を全部使ってしまったから

    battery-compare

    そう、5分間で3%だ

Pokémon Goは未だに世界中で限定的にしか手に入らないが、サーバー容量にも非常に気を遣っているので、本格的なレビューはまだ書かないつもりだ。しかし、すでに私のアイデンティティーの中心をなしている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook