スマニュー
調達

スマートニュースが38億円を調達、累計調達額は91億円に

次の記事

光で動くマイクロロボットが血管中を泳いで薬を正しい場所に運ぶ…北大の研究より

ニュースアプリ「SmartNews」を手がけるスマートニュースは7月8日、日本政策投資銀行をリード投資家とする総額38億円の資金調達を実施した。国内外の事業拡大に向けて、人材採用やプロダクト開発、マーケティングの強化を図る。累計での資金調達額は91億円となる。

SmartNewsのダウンロード数は、日本と海外を合わせて1800万超。今回の資金調達は、日本政策投資銀行以外にSMBCベンチャーキャピタル、 ジャパン・コインベスト、元コロプラの千葉功太郎氏ほか複数の投資家が引受先に名を連ねる。

スマートニュースは2012年12月にアプリをリリースし、2014年10月から米国版の提供を開始している。それに加え、世界中で話題となっている英語メディアのニュースが閲覧できるインターナショナル版もあり、2015年2月には1000万ダウンロードを達成した。それから約1年4ヶ月でさらに800万ダウンロードを上乗せした計算だ。

スマートニュースは今回の資金調達の目的について以下のように伝えている。

SmartNewsのダウンロード数は世界1,800万を超えています。今回の資金調達は、国内外の事業拡大のため、人材採用、プロダクト開発及びマーケティングの強化を目指すものです。