データサイエンス
Carto
Carto Builder
CartoDB

地理的データの視覚化をデータサイエンスの知識技能のない人でも簡単にできるCARTO

次の記事

Samsungが新たに発売するUFSメモリカードは最大容量256GBで転送速度が超高速

マドリッドで2012年に創業されたデータ視覚化企業CartoDBが、分析ツールCARTO Builderの発売を機に、社名をCARTOに変え、これまでもっぱらデベロッパーだけだったユーザー層を、企業の一般社員やノンプログラマーにも拡大しようとしている。

CartoLogo

元々CartoDBは、SQLができるデータのスペシャリストを助けて、彼らが位置データの分析をできるようにするのが、本業だった。また、データの視覚化は大好きだがコーディングはできない人びと、たとえば一部のジャーナリストなどは、同社を利用して対話的なマップをスクラッチから(はじめから、ゼロから)作ることができた。そしてこれからの同社は大企業にデータ分析ツールをCARTO Builder提供して、彼らのビジネスの意思決定や、消費者トレンドの予測などを助けていく。

CARTOのCEO Javier de la Torreはこう語る: “CARTO Builderはどんな業種でも利用できるが、当面は金融と通信方面に営業を注力して、彼らのいろんな分野に対する投資のリスクを、予測するサービスを提供していきたい”。

CARTO BuilderはWeb上(ブラウザー上)で使うドラッグ&ドロップ方式の分析ツールで、いろんな公開プラットホームから集めたさまざまなデータシートもある。今のバージョンには新たに、ウィジェットと予測ファンクションという二つの機能が加わった。どちらも、コーディングの知識がなくても使える。

Carto-USmap

ウィジェットは、データセット中のとくに関心のある項目を指定すると、それらに関する分析をインスタントにやってくれる。ウィジェットには4つのタイプがあり、それらは、(1)カテゴリー、(2)ヒストグラム、(3)フォーミュラ、(4)時系列、だ。マップの色を、使用するウィジェットごとに指定できる。

たとえば、アメリカのすべての列車事故の平均被害額を知りたい、としよう。すべての事故と、それら個々の被害額を羅列したデータが、手元にある。そうするとユーザーは、“フォーミュラ”ウィジェットで正しいパラメータを指定するだけだ。マップが即座に、列車事故の平均被害額を表示してくれる。

“こんなのは昔は、JavaScriptをたくさん書かないとできなかった”、ニューヨーク市の事業開発マネージャーJeff Ferzocoが、CARTOでそう言った。

Carto-styling

CARTO Builderはコーディングの知識を必要とせず、データ中にパターンを外挿するスキルも要らない。CARTO Builderのエキスパートユーザーは前と同じくSQLを使ってデータベースの操作ができるが、専門家でない一般ユーザーはこのツールの“Analyze and predict”へ行ってパラメータを指定するだけだ。そこでユーザーにできるのは、(1)点のクラスターを計算する、(2)アウトライアーとクラスターを検出する、(3)トレンドとボラティリティを予測する、のどれかだ。

“CARTO Builderのおかげで、それまではデータサイエンティストがやっていたたくさんの仕事を、今ではデータアナリストでない人でも容易にできる”、とFerzocoは語る。

1万行のデータベースをCARTO Builderに分析させると1分30秒かかる。5000万行だったら、たぶん40分だろう、とFerzocoは言う。“実際にやってみたことはないけどね”。

De la Torreによると、CARTO Builderのベーシックバージョンの料金は月額149ドルからだ。“エンタープライズバージョンを使う企業が多いけど、それなら年額1万ドルからだ”、と彼は言う。

同社によると、CARTO Builderの展開は7月7日から始めて、その後段階的に進めていく。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))