月が地球に写り込むレアな瞬間を捉えたNASAの写真

次の記事

AIロボットCozmoのメーカーAnkiがSDKを公開、最終的には子どもやノンプログラマーも対象とする

NASAの宇宙気象観測衛星(DSCOVR)の塔載カメラが、太陽に照らされた地球を月が横切るレアな瞬間を捉えた。月の裏側全体明るく写しされたこの画像は、7月4日 11:50 pm ETおよび7月5日 3:18 am ETに撮影された。

Lunar transit across the Earth / Animation courtesy of NOAA

Lunar transit across the Earth / Animation courtesy of NOAA

DSCOVRで月のフォトボム(写り込み)が撮影されたのは実はこれが2度目で、1度目は約1年前の2015年7月16日に起きた

First lunar transit of the Earth captured by EPIC on the DSCOVR satellite in July, 2015 / Animation courtesy of NOAA

Lunar transit across the Earth captured by EPIC on the DSCOVR satellite in July, 2015 / Animation courtesy of NOAA

100万マイルの彼方に位置するDSCOVRは、宇宙で太陽嵐の中に浮かぶブイのようだ。人工衛星の主要なミッションは、太陽風をリアルタイムでモニタリングすることで、これを使って国立海洋大気庁(NOAA)は危険の宇宙気象事象を事前に予測することができる。

そのミッションを達成するために、DSCOVRは太陽と地球のラグランジュ第1点(L1)と呼ばれる固有な位置に置かれている。

L1は、地球と太陽の間で、地球の引力が太陽の引力と等しい大きさで逆方向になる位置にある。DSCOVRは地球が太陽のまわりを動く間、L1軌道に乗り、常に太陽と輝く地球と間を浮遊している。

DSCOVR location in relation to the Earth and sun / Image courtesy of NOAA

DSCOVR location in relation to the Earth and sun / Image courtesy of NOAA

この位置で、月が地球の面を横切るところをDSCOVRが見られるのは年に1回か2回だけだ。

NASAの4メガピクセルCCDカメラ兼望遠鏡、地球多色画像カメラ(EPIC)がこの画像を撮影した。去る3月、同じカメラが日食の珍しい光景を捉えた。日食の間、地球の人々は太陽が月に覆い隠されるところを見た。同じ時、EPICからは地球の表面を月の隠が横切るところが見えた。

Lunar shadow moving across the planet during a solar eclipse in March, 2016 / Animation courtesy of NOAA

2016年3月の日食で、月の隠が地球を横切っているところ/アニメーション提供:NOAA

DSCOVRの一方の面に設置されたEPICは、常に地球に面していて、オゾン、植生、雲の高さ、大気中のエアロゾル等の科学データを提供する。反対側には別の装置が太陽を向いて太陽粒子の測定データを提供している。

Animation courtesy of NOAA

DSCOVRの地球・太陽間の相対位置/アニメーション提供:NOAA

「DSCOVRは私たちが太陽を見る目とって、地球に向かう地磁気嵐の引き金となる急激なエネルギー変化を検出して、早期に警報を与える」― NOAAの衛星および情報サービス、副管理者、Dr. Stephen Volzは言った。

太陽気象に注意深く目を向けることは、宇宙飛行士や装置を太陽から放たれる高エネルギー粒子から守るために重要だ。その粒子たちはオーロラのような美しく無害な事象を生みだす一方、重要な国家資産である装置に深刻な打撃を与える可能性があり、宇宙に住む人たちにとっても有害だ。

そのような嵐は地球の電離層を刺激し、商用航行で使用されている様々な高周派通信を妨害する。他の強力な太陽現象であるコロナガスの墳出は、磁気プラズマの波を送り出し、人工衛星に損傷を与え、地球に達すれば電力網を破壊しかねない。

DSCOVRを使って科学者たちは、太陽活動が地球内外の環境にどう影響を与えるかの理解を深めることができる。地上における地球嵐の警報と同じく、NOAAはDSCOVRを使って太陽を監視し、政府や商用衛星のオーナーに、太陽嵐の来訪を知らせている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook