mobile advertising
niantic

Pokémon Go、スポンサー付き場所で広告導入へ

次の記事

任天堂、海外版ファミコン、NESをアメリカで復刻へ―スーパーマリオ、ゼルダの伝説など30ゲームをバンドル

モバイル史上最大級のバイラルゲームとなったPokémon Goに、近々広告が入るらしいことがデベロッパーの話でわかった。

Financial Timesのインタビューで、NianticのCEO John Hankeは、「スポンサー付き場所」が、パワーアップとバーチャルアイテムのアプリ内購入に続く、新たな収益源になると話した。つまり小売店や企業は、自分の施設に顧客を呼ぶために、ゲームのバーチャルマップ上で目立って表示される機会を有料で与えられる。

Nianticの広報担当者は、広告とアプリ内購入の間での収益分配について、詳細を明らかにしていない。

Finantial Timesによると、Pokémon Goでストリート上の場所にマップされたバーチャル「ポータル」のネットワークは、Nianticが以前開発したゲーム、Ingressと似た物になるという。Ingressで料金を払ってスポンサー付コンテンツを作ったブランドには、薬局のDuane Reade、喫茶店チェーンのJamba Juice、およびレンタカーサービスのZipcarがある。Ingressの人気が高い日本では、コンビニエンスストアチェーンのローソンおよび三菱東京UFJ銀行が同様のゲーム内プロモーションの購入を決めている。

広告主は「訪問単価」で課金され、これはGoogle検索広告の「クリック単価」と同様のしくみだとHankeは話した。

米国の小売業の中には、ゲームの中で名前が出ることによって、リアルな客を大量に呼び込めるとことにもう気付いているところがある。「驚くほどの人数」と、ニューヨーク州クイーンズのロングアイランドシティーにあるL’Inizio Pizza Barのオーナー、Tom Lattanzioが、昨日New York Postに話した。Financial Timesの記事によると、このピザレストランは、店の場所にポケモンを誘い込むゲーム内パワーアップアイテムを10ドルで買って以来、売上が75%伸びた。

他の会社や団体も、建物の近くにあるPokestopの数を宣伝して訪問者を集めようとしている。例えばシカゴ美術館は、施設の周辺でポケモンをつかまえようと誘うツイートを発信した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook