開発中の任天堂NXをUbisoftのCEOがテスト―「ゲーム機にカジュアル・プレイヤーを引き戻す魅力がある」

次の記事

街灯とそのてっぺんをドローンの充電用とまり木として利用するアイデアでAmazonが特許を取得

任天堂が開発中のNXは私が記憶している限り、もっとも長く登場が待たれているゲーム機だ。すくなくとも開発中であることが公式に確認されているゲーム機としてはそうだと思う。昨日の四半期決算の電話記者会見( IGNによれば)、UbisoftのCEO、Yves GuillemotはNXを実地に試したといううらやましい経験を語った。「これは本当にすごいゲーム機だ。ゲーム業界をさらに成長させるのを助けるだろう。特に、カジュアルなプレイヤーを大勢ゲーム専用機に引き戻す力があると思う」ということだ。

なるほど具体性には乏しかったが、逆にこれまで流されてきた真偽定かならぬ混乱したハードウェアのスペックについての情報よりも本質を明らかにする発言だった。任天堂がこれまで公式に確認した内容といえば「2017年3月のリリースを目指してNXを開発している」ということと、「NXはまったく新しいコンセプトだ」という2点だけだ。モバイルでもリビングでも使えるハイブリッド・マシンであり、Wii Uとは違って完全にモバイル対応であること、したがって居間のテレビへの接続からモバイル・デバイスへシームレスに移行できること、などが噂として流れている特長だ。

GuillemotのコメントからはNXの外観に関しては何も知るこができなかったが、ターゲットについてははっきりと分かった。熱狂的なゲーム・マニアではないカジュアル・プレイヤーだ。任天堂のゲーム専用機として最大の成功を収めたのはオリジナルのWiiだが、その原因はシンプルで分かりやすいゲーム、ユニークな動作を取り入れたコントロール、家族や友人同士で楽しめることなどにより従来のゲーム専用機のマニア以外の層に強く訴えかけることができたからだ。

Wii UもWiiの成功を引き継ぐことができる出来栄えだったが、Wiiの栄光の日々が過ぎ去るのとゲームがモバイルへとシフトするのが重なったのが不運だった。噂では任天堂の次世代ゲーム機はモバイル・デバイスの可搬性と大型テレビを利用したリビングでの快適性を兼ね備えたものになるということだ。Guillemotの一般論のコメントをあまりに深読みするのは危険だが、カジュアル・プレイヤーを主たるターゲットとするというのが任天堂の戦略ならば、発言はそれを裏付けるものと考えてもいいかもしれない。

画像: Guian Bolisay/Flickr UNDER A CC BY-SA 2.0 LICENSE

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+