国の個人盗聴行為をすっぱ抜いたEdward Snowdenがプライバシー保護のためのiPhoneケースを開発中

次の記事

これが自動車事故で生き延びるように進化した人間の体だ

スマートフォンのケースを作ることがEdward Snowdenのトゥドゥリストの上位にあるとは誰も思わないだろうが、でも今日(米国時間7/21)行われたMIT Media Labのイベント(MITメディアラボのイベント)で発表されたAndrew “Bunnie” Huangとのコラボレーションは、たしかに、このNSAの内部告発者の最近の主要な関心事ではあるようだ。

彼らが設計したこのiPhone関連製品(上図)は、スマートフォンの内部のアンテナに向けて送られてくる信号をモニタして、そのデバイスが今、持ち主が見つけられるおそれのあるデータを送信していないか、チェックする。たとえば危険な紛争地域にいるジャーナリストなどには、役に立つだろう。

Wired誌でHuangが事前に説明しているところによると、このケースは、機内モードでもユーザーが知らぬ間に送信されているデータを、検出できる。“機内では携帯の電波がoffだから自分の位置がばれない、と思いがちだが、でも実はそのリスクはあるのだ”、と彼は言っている。

このケース(に似せたデバイス)は、電話機の下部に装着すると、ご覧のようにほとんど目立たないが、小さなディスプレイがある。内部ではハンドセットのSIMスロットに結線されて、iPhoneからワイヤレスで送信されている多様な信号をモニタする。そして、様子がおかしい送信が見つかったら、アラートを表示したり、スマートフォンを完全にoffにしたりする。

まだ商品として完成した姿ではないが、二人にはすでに詳細な商用化プランがあり、本格生産のためのプロトタイプ作りに今取り組んでいる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))