この検索エンジンは、自分の顔を検索結果と交換する

次の記事

オンライン学習のUdacityで自動運転車のエンジニアになろう

ウェーブのかかった長い髪の自分を想像したことはあるだろうか。きっと素適だろう。しかし、大枚をはたいてサロンに行ったり、Photoshopに何時間も費やすことなくいろんな髪型を試すにはどうすればいいだろうか。必要なのは自撮り写真とDreambitだけ。顔を交換できる検索エンジンだ。

システムはあなたの顔写真を分析して顔だけをうまく切り取る方法を見つける。次に、検索ワード ― 例えばカーリーヘア ― と一致する画像を検索し、あなたにあった位置に顔のある写真を探す。

ターゲットの画像に対しても同様のプロセスで顔マスクし、あなたの顔で置き換えれば出来あがり! カーリーヘアのあなたを何度でも何度でも試せる。ちょっと「マルコビッチの穴」のシーンを思い出させる。ただし相手の顔や状況によってはいくらでも薄気味悪くなる。その点ケリー・ラッセルはどんなヘアスタイルでも美しく見えることが下の図からわかる。

Diagram showing the process by which faces are detected, masked, and replaced.

The process by which faces are detected, masked, and replaced.

交換するのはヘアスタイルに限らない。映画でも場所でも絵画でも、交換できる位置に顔があれば置き換えてくれる。顎ひげのある人等、縁を見つけくい顔はうまくいかないことがあるので、ラスプーチンやガンダルフと入れ替わることはできないかもしれない。

Dreambitを作ったのは、ワシントン大学でコンピュータビジョンを研究するIra Kemelmacher-Shlizermanだ(彼女は顔認識拡張現実でも興味ある研究をしている)。そしてこのシステムは楽しく遊ぶためだけではなく、もっと本格的な応用の可能性も持っている。

Kemelmacher-Shlizermanは自動エイジ・プログレッションという過去の写真から現在の顔を合成するシステムも作っている。これは行方不明者の捜索に役だつ。

「行方不明の子供たちは、髪を染めたりスタイルを変えることが多く、顔だけのエイジ・プログレッションでは十分ではない」と大学のニュースリリースで彼女は語った。「これは行方不明者の容姿が時間と共にどう変わるかを想像する第一ステップだ」。

Kemelmacher-ShlizermanはTechCrunch宛のメールで、ソフトウェアはまだまだベータ段階でFBIが使うようなものではないと言っている。

Dreambitとその背後で動くプロセスについては来週SIGGRAPHで発表されるが、彼女の論文、“Transfiguring Portraits”は今すぐ読むことができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook