decentralized web
decentralization

‘非集中型Web’とはなんだろう?、テクノロジー世界の24人のエキスパートが自分の定義を述べる

次の記事

AIがSNSから“現場の映像”を収集、「Newsdeck」にフジテレビが出資

このところあちこちで、“非集中型Web(decentralized web, 自律分散型Web)”なるものをめぐる議論を目にするようになった。たとえばWebの始祖と呼ばれるSir Tim Berners-Leeも、それを熱心に主張している。しかしこの言葉には、みんなが一致して認めている単一の明確な定義がない。でも、この言葉が指している事態の性質からすれば、それも当然かもしれない。

そこで、シラキュース大学の情報科大学院(School of Information)は、テクノロジー世界の24名のエキスパートやリーダーたちの、さまざまに異なる見解をまとめた。

Internet ArchiveのBrewster Kahleは、字義通りだけど見事に簡潔な定義を述べる:

“多くの場所からサーブされる(多くの)Webサイト。それらの場所は他からコーディネートされていない。”

アリゾナ州立大学のEric Newtonは、暗喩を使う:

“私たちとコミュニケーションの関係が、地域農業と食べ物の関係のようであること。自分たちの食べ物だけでなく、自分たちのための情報も自分たちで育てる。”

著作家で活動家のCory Doctorowはこう言う:

“アーキテクチャやサービスやプロトコルを集中的にしようとする試みに抵抗して、特定の個人や国や企業がコントロールできないようにしたWebの設計。”

Wikimedia FoundationのJake Orlowitzは長広舌だ:

“非集中型Webは、われわれみんなのものになったWebだ。それを動かす力は、私たちのお互いの結びつきだけだ。そのアーキテクチャは私たちが価値と認めるものを伝え、その使われ方は、相互協力と共有と創造性を支える。

残る20はここで読める。おもしろいのは、全員が同じテーマに集まっているのに、各自さまざまな側面を強調していることだ。非集中型Webも、こうなるのかもしれない。多くの点が結び合っているが、そこに共通の権威はなく、意図(〜想い)の共有によってのみ結ばれ合う、と。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))