Solar Impulse 2が地球一周の全行程を終え出発地アブダビに着陸

次の記事

ヤフーとYJキャピタル、テック領域特化の新ファンド「YJテック」を組成

4つの大陸と24800マイルと500日あまりの飛行を経て、Bertrand PiccardとAndre Borschbergがスタート地点に帰ってきた。二人のスイス人パイロットは、Solar Impulse 2による世界一周を今日(米国時間7/26)完遂し、今朝早くアブダビに着陸した

複数の新記録をうちたてたその旅は、燃料をいっさい使わず完了し、操縦を交替で行い、計17の全行程を消化、先週末のカイロからの離陸が最後の離陸〔最後の行程の出発地〕となった。その感動的な記録の中には、日本からハワイまでの最長単独飛行と、無燃料による大西洋横断があった。

[40000キロメートルを燃料なしで飛んだ。エネルギーの歴史にとって初めてだ。もっと遠くへ延ばそう。]

平均飛行速度は毎時46マイル、二人は機械的側面と人間的側面の両方でさまざまな困難を経験した。たとえば胃のトラブルで最後の行程が遅れた。飛行中は小さなコックピットから出られないので、20分おきに眠り、シートの中で休息した。

着陸後にPiccardは、群衆に向けて希望の言葉を述べた: “未来はクリーンだ”。ここで群衆は歓呼した。“未来はあなただ。未来は今だ。それをもっともっと遠くへ延ばそう”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))