affiliate networks
Heather Marie
Shoppable

消費者がネット上をあちこち持ち歩ける決済機能付きショッピングカートを提供するShoppableが$3.5Mを調達…今200店が参加、もっと増やしたい

次の記事

コンテンツ・アドレッサブルで多バージョン分散データベースNomsのAttic Labsが$8.1Mを調達

ちょっと風変わりなeコマースサービスShoppableが、シリーズAで350万ドルを調達した。

ニューヨークを拠点とする同社は、自身が何かを売るというより、Webページやコンテンツのパブリッシャーと消費者を結びつけて、CEOのHeather Marie(上図)が言うところの“shoppable moments, 買える機会”〔仮訳: それを買える状態〕を作り出す。たとえばどこかで写真やビデオを見ていて、そこに映っていたものを、欲しい・買いたいと思ったら、Shoppableがそれを、実際に買うことを可能にしてくれる。

何かをクリックしたらそれを買える、という方式は、昔からあるアフィリエイトネットワークに似ている。その場合は、Webページ上のリンクが商業者のWebサイトへ読者を連れて行くので、そこで当の品物を買える。そして元のサイトのパブリッシャーは、売上のマージンをもらう。

しかしShoppableでは、読者がパブリッシャーのWebサイトを去らなくてもよい。そこに居るままで、複数のお店の品物を見て、買うものを決め、実際に買う、お金を払う、というところまで行ける。いわばそれは、あなたがどのWebサイトへ行こうと、あなたにくっついて同行するショッピングカートだ。

“支払いもパブリッシャーのWebサイトに居る状態で済ませられる”、とMarieは述べる。彼女によると、それは“とてもシームレスな(なめらかな)体験”をユーザーに提供するだけでなく、パブリッシャーがビジターのデータや買い物傾向を把握しやすい。“自分のサイトで何が売れるかが分かっていれば、どんな人たちが自分のサイトのユーザーベースなのかも分かるのよ。データからユーザーを理解するやり方としては、コロンブスの卵のような重要な変化だと思う”、と彼女は自負する。

Shoppableには、個人ユーザーのためのGoogle Chromeエクステンションがある。そのエクステンションが動いていれば、Webページ上で見た製品をShoppable経由で買うことができる。一方パブリッシャーはShoppableのウィジェットを自分のWebサイトにインストールして、どんな製品を売るかを決める。また、ShoppableのMagicサービスを利用すると、ショッピング機能を自動的に作ってくれる。

今回のシリーズAは、匿名の投資家がリーダーだ。Marieによると、すでに利益が出ているShoppableにとっては、いわゆる戦略的投資であり、同じ投資家がリードするもっと大きな資金調達を、数か月後に発表するそうだ。今回のラウンドに参加した投資家は、MI Ventures, Canary Ventures, On Grid Ventures, Thomas Varghese, Bodley Group, John D. Owen, Noopur Shukla, Andrew Boszhardt Jr., Sandeep Bhanoteなどなどだ。

資金の主な用途は、Shoppableを利用する商業者をもっと増やすこと。今およそ200店/社がShoppableの輪に加わっているが、それ以外に100店/社が現在、待機状態だ。

Shoppableは最初、ラグジュアリー商品が主体、という意味で、72Luxという名前だった。しかしその後、普遍的なチェックアウトプロダクトであることが分かる、現在の名前に変えた。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))