IBM

IBM PCが35歳の誕生日を迎えた…大統領選に出馬できる年齢だ

次の記事

北朝鮮、オリンピック選手にSamsungの無料スマートフォン受け取りを禁止(Radio Free Asia報道)

ハッピーバースデー!、そこのおかしなおじさん、あなたのことですよ。あなたは35年前に、コンパクトなデザインと1565ドルという値札を身につけて、この世界にやってきた。当時は、IBMのいちばん安い“マイクロコンピューター”が9万ドルもした。それはコンピューターというより、乾燥機付き洗濯機に似ていた。

あなたが現れたとき、無関心な人もいた。IBMの社歴サイトには、同社の上級役員の一人が“誰が何のために家にコンピューターなんか置くんだよ?”と言った、とある。もう一人の役員は、“IBMにとって災いの元だ”、と言ったそうだ。

IBM 5150が初めてのホームコンピューターだったわけではない。Apple, Commodore, Atariなどの企業がすでに、初期の製品を出していた。それらを見た同社のシステムマネージャーWilliam C. Loweがプロトタイプを作り、そこからIBM PCが生まれた、と社歴は記している。

そのコンピューターは、“Chess”というコードネームで開発が進められた。そして、当時のIBMとしては異例にも、システムの主要部位を外部に求めた。中でも重要なのは、プロセッサーがIntelの4.77MHzの8088、そしてオペレーティングシステムはMicrosoftのQDOSだった。

1981年8月12日にニューヨークで行われた記者会見で、5150が披露された。記者たちはそれをすぐに、IBM PCと呼ぶようになった。その後の2年間で同機は、テクノロジーをホビイストからメインストリームへ移行させる動きの、主役を演じた。

それでは、ハッピーバースデー!、IBM PCさん。35歳になったら、アメリカの大統領に立候補できる。あなたなら、とっても役に立つリーダーになるだろうね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))