Ford、ハンドルもブレーキもアクセルもない自動運転車を2021年までに発売

次の記事

Spotifyが学習コンテンツで子ども向けカテゴリーを一新

Fordは2021年までに自動運転車を発売する ― そして量産されるその車は、ハンドルもブレーキもアクセルペダルもなく、人間ドライバーを必要としないレベル4フル仕様の自動運転機能を提供する。今日(米国時間8/17)カリフォルニア州パロアルトで行われた記者会見で発表した。

これまで自動運転車の提供について一切発表してこなかったのは、発表レースに参加したくなかったからだとFordは語った。しかし、顧客体験と乗客の安全面に利益をもたらす自動運転車の発売は、同社にとって優先課題であることは強調した。

「私たちはもはや自動車を作るだけの会社ではなく、モビリティーカンパニーでもある」とFordのCEO Mark Fieldsが記者会見で語った。同氏は自動運転サービスの開発を行う子会社、Ford Mobility Solutionsについて話した後、そう宣言した。


Fordはシリコンバレー事業所の拡大についても、テクノロジーセンターの要員を300名に倍増し、パロアルトの事務所と研究所を拡張することを発表した。

2021年までに自動運転車の量産を計画しているものの、Fordは5年の間にこれが個人の移動手段を置き換えるとは考えていない。むしろ、この種の車は主に都市部で公共交通機関を補完するために使用され、個人の自動車オーナーは、運転者支援機能を備えながらも最終的には人間が制御する車を今後も重視していくと同社は予想している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook