Brian Krzanich
joule
Case

コンピュータービジョン機能を搭載した多機能ボード、IntelのJouleは各種リアルタイム機器の可能性を広げる

次の記事

Ford、ハンドルもブレーキもアクセルもない自動運転車を2021年までに発売

Intelがメイカーたちのために作ったボードJouleは、メイカーが強力なコンピュータービジョン製品を作るためのプラットホームを提供する。今日(米国時間8/16)行われたIntelの今年のデベロッパーカンファレンスでIntelのCEO Brian Krzanichは、“プロトタイプから実寸大のロボットや、マシンビジョン、ドローンなどの製品へシームレスに移行できる”、と説明した。

ひとつの例として、PivotHeadはこのボードを使って、超小型で高性能なシステムモジュールを作っている。そこには、同じくIntelの奥行き追跡カメラシステムRealSenseも載っている。

PivotHeadはJouleを主役とするシステムモジュールを利用して、工場労働者等のための安全眼鏡を作っている。それには高度なコンピュータービジョン能力があり、仕事中のリアルタイムにフィードバックを返すことができる。画像の分析と処理はすべてJouleの上で行われるので、別のモジュール等は不要だ。またWi-Fiやセルラーなどによるクラウド等への接続性も要らない。

このように、PivotHeadの考え方は、労働者が今使っている眼鏡に代えて今すぐ使える、というコンセプトにある。そして航空機などの電圧チェックも、リアルタイムでできる。Intelは、その作業の様子を今日のデモで見せた。

すなわち安全眼鏡をPivotHeadの製品に代えても、ユーザー(現場労働者)には新たな作業が発生しないし、仕事のやり方を変える必要もない。昨日までと同じく、ふつうに仕事を続けるだけだ。そして眼鏡自身が、そのコンピュータービジョンの能力で電圧のミスマッチをモニタでき、不整合があればただちに音声で警報するから、対策もすぐにとれる。これまで、航空機の電圧チェックという作業は、面倒な手作業が多くて時間がかかる仕事だった。

システムがリアルタイムで追跡し、全領域をカバーするから見逃しがない。現場作業員は、警報が鳴るまではほかの作業に専念できる。

以上はユースケースのごく一例にすぎないが、Krzanichによれば、“Jouleはオンボードコンピューティングと大量のメモリと人間的な感知能力を提供する”。試してみたいと思った読者には、オンラインで今日注文すると今日発送される。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))