これがHyperloop Oneの描く超高速未来の内側だ

次の記事

Operaの無料無制限のVPN機能がAndroidにもやってきた、Wi-Fiの安全性チェック機能もあり

Hyperloop Oneは、A地点からB地点まで時速750マイル(1200 km/h)で人間を投射しようという未来的輸送システムだ。果たしてその実態はどうなっているのだろうか。

このスタートアップはHyperloop TransportationからHyperloop Oneへと社名を変え、今春ネバダの砂漠でテストを開始した。800万ドルのシリーズB調達ラウンドを発表したが、幹部のいざこざから前共同ファウンダーが訴訟を起こし、続いてHyperloop Oneも対抗訴訟を起こした。さらにはデモ施設も建設し、モスクワではロシアの主要投資家グループと、ドバイでは世界第3位の輸送会社、DP Worldと組むなど、全世界の主要地域で大規模な運輸事業を行う計画を発表した。

そうそう、Hyperloop Oneの共同ファウンダー、Shervin Pishevarには、数週間後に控えた本誌のDisruptイベントで登壇してもらうことになっている。

そこでわれわれは、Hyperloop Oneの提唱するテクノロジーがどこまで現実に近づいているかを、自分たちの目で確かめるておくべきだと考えた。

CTO・共同ファウンダー(元SpaceXのエンジニア)のJosh Giegelが、同社が本社内で取り組んでいるものを覗き見させてくれた。もしHyperloop Oneがそのスピードを実現できれば、ごく近い将来にわれわれの世界や生き方を変えるに違いない。われわれはそんなシステムの一端を垣間見ることができた。

上のビデオでは、Amazonで注文した商品や人間を、1日で世界中どこへでも届けられるようになる時代が始まるところを見ることができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook