DevOps
ggv capital

ソフトウェアの開発(dev)からオペレーション(ops)まで、DevOpsの全過程をツールセットで支えるHashiCorpが$24Mを調達

次の記事

世界で5億ダウンロードのポケモンGO、いよいよApple Watchにも対応

ポータブルな開発環境をセットアップする便利なオープンソースのツールVagrantなどで知られる、デベロッパー支援ツール専門のHashiCorpが今日、シリーズBによる2400万ドルの調達を発表した。このラウンドはGGV Capitalがリードし、Mayfield, True Ventures, それに新たな投資家としてRedpointが参加した。同社の累計資金調達額は、3400万ドルになる。

今回の資金調達の目的について同社の協同ファウンダーでCTOのArmon Dagarはこう語る: “HashiCorpはアプリケーションの開発から運用までのすべての過程を支援しているが、とくに力を入れているのが開発、オペレーション、そしてセキュリティだ。今後も弊社の7つの主力製品に注力していくことは変わらないが、同時に、オープンソースのツールを使う場合のワークフローの問題を解決するための、エンタープライズアプリケーションも作っていく。弊社はアプリケーションの最終デリバリまでの過程を、必要にして十分なステップだけに純化し、それらの問題を解決するためのツールを作る。弊社は今後も継続してそれらの問題領域に注力し、オープンソースとエンタープライズの両方のプロダクトに新たな機能を加えていく”。

Dagarによると同社は、特定分野の大企業が成長の主な源泉になっている。それらは、金融、メディア、リテール、そしてWeb上の巨大なインターネット企業だ。具体的な顧客企業名としてはConde Nast, Cisco, Mozillaなどが挙げられる。またStripe, Uber, Twitch, OpenAI, Pinterest, Capital Oneなどの企業も、Vagrant, packer, Terraform, Serf, Nomadなど同社のオープンソースツールを利用している。

中核的なツールをオープンソースのライセンスで提供している企業によくある例として、HashiCorpも主な収益源はエンタープライズサービスだ。同社のそういうサービスの一例がHashiCorp Atlas、これは同社の主要ツールのエンタープライズバージョンを収めたスイートだ。その中には、リソースプロビジョニングツールのTerraformや、ベータを終えたばかりのセキュリティ強制設定ツールVaultなどが収められている。

結局のところ同社のキモは、企業が自分たちのDevOpsのワークフローを、その下のインフラストラクチャに左右されずに管理できるための、一連のツールを提供することだ。そのため同社のサービスは仮想マシンやコンテナのレベルを対象とし、Azure, AWS, Google Cloud Platformなど多くのパブリッククラウドや、OpenStackのようなプライベートクラウドのプラットホームをサポートしている。

GGV Capitalのパートナー役員でHashiCorpの取締役でもあるGlenn Solomonは述べる: “HashiCorpは、開発(dev)とオペレーション(op)とセキュリティを担当するチームが分散アプリケーションとそのインフラストラクチャを管理するための、世界クラスのツールを作っている。グローバルなエンタープライズにおけるこれらのツールの採用率は、きわめて高い。彼らとのパートナーシップを継続できることは大きな喜びであり、ソフトウェアアプリケーションのデリバリを加速するという彼らのミッションの継続を、これからも見守り支援していきたい”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))