ニュース
NVIDIA(企業)
AI / 人工知能(用語)

Nvidiaの「AIカー」は、人間ドライバーから学んだ知識だけを使って自動運転する

次の記事

コーヒーショップのWi-Fiで長居するお客を一人々々個別に管理できるシステムGoGoGuest

自動運転車への取り組みにはやり方がいくつかある。一つはアルゴリズムやルールをプログラムして、個別の状況でどう振る舞うべきかを車に教え込む方法。しかしNvidiaは、ディープラーニング手法を使って人間ドライバーから得た現実世界のデータを自動運転システムに提供し、運転の方法を自ら学ばせる ― まるでAI内蔵のスーパーティーンエージャーが、助手席に乗った経験だけで運転を覚えるように。

北米の平均的ティーンエージャーと同じく、Nvidiaのテスト車(BB8という愛らしい名前はスターウォーズのBB-8へのオマージュに違いない)は、まず駐車場で学習を始め、トラフィックコーンで区切られた車線を走って練習する。やがて卒業して路上に出ると、見通しのきかない交差点等の扱いにくい状況にも、何事もなかったように対応するようになる。

デモビデオは、このアプローチの潜在的優位性をいくつか紹介している。このシステムはカリフォルニアで訓練を受けたが、道路や運転環境の異なるニュージャージーでも問題なくテスト走行をこなした。車線標示のない道路でも、さらには夜間でも、特別なアルゴリズムを提供しなくても難なく走り通した。

Nvidiaによると、これは同社単独のプロジェクトであり、どの自動車メーカーも関与していない。次のステップはシステムの訓練を続け、時間と共にさらに賢くしていくことだという。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook