Android 7.1のデベロッパープレビューがついにベータテスター向けに公開開始、最終安定バージョンは12月に

次の記事

新しい報告ツールで自傷行為や自殺問題に取り組むInstagram

もはや大きなサプライズではないが、今月の初めにGoogleは、Android 7.1 NougatのデベロッパープレビューとSDKツールを今月の終わり頃公開する、と発表し、そして月半ばを過ぎた今日、そのプレビューがAndroidのベータに参加していた人たち向けに、まさに公開された

Androidのベータ(Android Beta Program)は主にデベロッパー向けだが、デベロッパーではないけど単純に好奇心旺盛な人でも、Android 7.1を試そうと思えば試せる。ただしまだベータだから、まだバグは多いかもしれない(だからぼくは、自分の日常用のスマートフォンにはインストールしない)。

2016-10-11_1134

こないだ発表されたGoogle Pixelには、このAndroid 7.1がすでに載っているから、現状はもうかなり安定しているのだろう。でもPixelの最新機能の数々は、そのほかのデバイスにはない。だからたとえば7.1をNexus 6Pにインストールしても、Google Assistantの全面的な機能はない。

Googleの計画では、11月にもう一度プレビューを出し、最終バージョンは12月になる。Nexus 5X, 6PやPixel Cのオーナーでベータに参加している人は、もうすぐ自動アップデートに出会うだろう。最終リリースはNexus 9, Nexus Player, それにAndroid Oneのデバイスにも来る。もちろん、新しいPixelスマートフォンにも。

Android 7.1の新しい機能は、本誌の記事が紹介している。そう多くはないが、どれも、とても便利だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))