DJIの折りたたみ式ドローンは大人気、生産間に合わず、発売予定日から5日経ってもまだ音沙汰なし

次の記事

Osmoの新作ゲーム「Pizza Co.」は、ピザ店の運営を通して子供達にビジネスの基礎を教える

GoProがスコーバレーで待望のKarma Droneを披露したとき、DJIのPR担当が皮肉たっぷりにツイートした: “今、新しい競合製品を見ている。こんなの、まったく気にならないけど”。

同社は数週間後に、独自の折りたたみ式ドローンを披露した。より小さいし、機能も多いから、PR担当がKarma Droneを無視するのも当然かもしれない。DJIのファンたち、そしてドローンコミュニティの全体も、心底、気に入ったようだ。

しかし今日(米国時間10/20)は、そのMavic Proの発売予定日から5日も経っているし(Karmaはまだ3日後)、アーリーアダプターたちは待ち焦がれてそわそわし始めている。一部の評論家などは実物を手にしたことがあるが、すでに小売店に前金を払っている一般消費者には梨(なし)の礫(つぶて)だ。

unnamed

DJIは、このドジを埋め合わせようとして、PRトップの声明を発表した:

Mavic Proの発表後、意外なほど強力な全世界的需要が生じております。ご注文になるべく早くお応えすべく、ただ今、昼夜を問わずフル回転で生産しております。

この声明は詳しい情報が何もないが、どうやら遅れの真犯人は製造部門にあるらしい。この声明から2日経っても、遅れが解消する気配はない。今DJIに問い合わせているから、公式の返事が得られたらこの記事をアップデートしよう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))