iMessagesアプリ
iMessages

SoundShareの新しいiMessageアプリで、曲全体をメッセージで共有しやすくなった

次の記事

PortalのルーターはWi-Fiの隠れたチャネルを探して接続を高速化

音楽に焦点を当てたソーシャルネットワークSoundShareからの新しいiMessageアプリは、テキストメッセージング(SMS)上で曲全体を共有することを可能にする。もちろん、iMessage App Storeが始まったおかげで、好きな曲を友人にテキストで送信する方法は既に沢山存在している。たとえばApple MusicはiMessageを内蔵しているし、そしてPandoraも今月の初めに独自のアプリをリリースした。とはいえ、これらのアプリには限界がある。なぜならそうしたサービスは既に対応するサービスを利用しているか、適切なアプリをインストールしている人に対して、最高の働きをするようになっているからだ。

例えばPandoraのiMessageがアプリは、もし受信者のデバイスにアプリがインストールされていない場合には、それをダウンロードさせるためにApp Storeへと誘導する。そして、それは音楽ラジオサービスなので、友人があなたの送った曲をタップしても、30秒のサンプルが再生されるだけだ。

そして、もしさらにその曲を聴きたいならば、タップしてPandoraのアーティストステーションを開始することになる。この方法は、あなたの友人にその曲全体を聴いて欲しいと考えた時の、理想的な共有方法ではない。

img_0694

SoundShareのアプリは、異なるミュージックサービスを使う友人たちに、どのサービスでその曲を聴きたいかのオプションを示すことによって、上記のような問題を回避しようとしている。

デフォルトでは、受信者には以下のような選択肢から選ぶことができる、YouTubeのビデオ;Apple Musicからのストリーミング(もしサブスクライバーなら);あるいはiTuneを起動しての視聴、そしてその曲やアルバムを購入するというオプションも。

残念ながら、SoundShareアプリ自身はSpotify(Premium)やDeezerと提携しているにも関わらず、SoundShare iMessageアプリの中にはそのオプションが存在しない ‐ SoundShareアプリ本体で既にSpotifyもしくはDeezerと接続しているならばSoundShareを使って全曲をストリーミングすることができる。

新しいiMessageアプリは、最近アップデートされたSoundShareのiOSアプリ本体とともに追加された。主となるiOSアプリは一緒の音楽ソーシャルネットワークを提供し、他のユーザーを見つけてフォローしたり、協力してプレイリストを作ったり、そして「友人の」プレイリストを眺めたりすることができる、たとえ彼らがどのようなミュージックサービスを使っていたとしても。

img_0699

しかし、iMessageがアプリは、SoundShareアプリをインストールする価値を本当に高めてくれる。多くの人たちが、音楽をテキストメッセージで共有する際にやっている、単にYouTubeのリンクをテキストメッセージで送る方法よりも、優れた体験を提供してくれる。

一度インストールすれば、iMessageのアプリの画面からSoundShareにアクセスすることができる。インターフェイスは、現在ソーシャルネットワークでのトップ100を教えてくれるので、もしどんな曲が勢いがあって流行っているのかを知りたいときには便利だ。とはいえ、ジャンル別あるいは新曲を集めた独立したセクションは提供されていない。その代わりに、検索バーを使って探している曲の名前を打ち込み、結果をタップして友人に送ることができる。

  1. img_0692.png

  2. img_0693.png

  3. img_0694.png

  4. img_0695.png

結果は、受け手にとって単にYouTubeのリンクを受け取るよりもはるかに良いものだ。SaoundShareは全てのストリーミングオプションを提供するリンクとともに、サムネイルを表示してくれるのだから。

SoundShareの新しいiMessageがアプリはiTunes App Storeから無料でダウンロードすることができ、iOS10以降で動作する。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)