ヘッドフォン
massdrop
Sennheiser

Sennheiser/MassdropのHD6XXヘッドフォン(名作HD640の限定版)は発売と同時に売り切れ、再発売を予定

次の記事

Trumpの勝利でシリコンバレーの投資家たちは頭がおかしくなっている(カリフォルニアの分離独立を主張!)

ええと、もし今朝他のものに気を取られていたなら、おそらくHD6XXの発売には気が付かなかったことだろう。残念なニュースだが、このSennheiser/Massdrop共同開発の超限定版は既に完売してしまったようだ。同社の担当者はTechCrunchに対して「今朝の注文の殺到で、もう少しでインターネットを麻痺させるとことでした」と語った。

サイトにおけるその200ドルのヘッドフォンの販売は停止しているが、前例のない需要を集計し、重複した注文を取り除いている最中のようだ。みんな、突然おかしくなったのか?

馴染みのない人へ。HD6XXは本質的にはSennheiserの名作HD640ヘッドフォンのリブランドされた限定版だ、有名なオープンバックモデルを新しいダークブルースキームに変えて、コネクタを少し変えている。

そしてこのヘッドフォンの最初のバッチは5000個に限定されていたという事実がある。しかし、おそらく最も重要なのは価格だ。1000ドル以下のヘッドフォンのなかでトップの1つという地位を、500ドルという価格で占めていたものが、200ドルで提供されているからだ。

良いニュースは、ヘッドフォンは現時点では時期は不明だが、再び戻ってくるという話である。ということで、今回のチャンスを逃した私たちは、世界で今日起きる何かへの集中に戻ることにしよう。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)