Daydream発表と同時にYouTubeがVRアプリをローンチ

次の記事

Netflixの挑戦にヒントを得て、クラウドソーシングに乗り出すべき5つの業界

Googleの新しいDaydream View VRヘッドセットのデビューと同時に、今朝YouTubeは自身のYouTume VRアプリのローンチを発表した、最初に対応する機種はDaydreamだ。このスタンドアロンアプリケーションは、YouTubeの全てのコンテンツを没入型の体験に変えてくれる。たとえそのビデオがVR閲覧用に作成されたものでなくても。これを行うために、YouTube VRはアプリ内の新しいシアターモードの中の、バーチャルスクリーンに通常のビデオを表示する。もちろん、YouTubeの360度動画は、このアプリで最適に閲覧できる。

シアターモードでは、動画がスクリーンの主たる部分を占める、一方タイトルや説明のようなビデオ情報は、片側に寄せて表示される。スクリーンの反対側には、キューが表示されるので、次に何が表示されるのかを知ることができる。プレーヤーのコントローラーは下に並んでいる。

Googleは、このように視聴とブラウズの両者を同時に行うことができると言っている。

ytvr-watch-spherical-browse

このアプリには、音声検索、空間オーディオのサポート、YouTubeのアカウントにサインインしてサブスクリプションやプレイリストを観るといった他の機能も含まれている。

現在は、YouTubeの大部分のコンテンツはVR向けに最適化されていないが、Googleはこのフォーマットが物語向けに人気が高くなると考えている。

とは言うものの、同社はネットワークにVRコンテンツの種を蒔くことで、このテクノロジーに対して投資を行っている。YouTubeのクリエイターたちが、YouTube SpacesでVR機器へアクセスすることを助けるだけでなく、それを使ってどのように360度の撮影を行うのかを学ぶ手助けもしている。

それが意味することは、ローンチの時点で新たなVRアプリで視聴できる動画が既に沢山あるということだ。同社では、ジャンルをまたがった幾つかの例を集めている、例えば美容ブロガー Meredith FosterTastemadeの料理動画、ハフィントンポストRYOTのニュース速報、だけでなくCuriscopeロンドンの自然史博物館StyleHaul、そしてFitness Blenderなどの名前も挙がっている。Googleはまた、NBAがほどなくYouTube VRのためのビデオを始めると指摘した。

新しいアプリを使用するためには、最近発売されたPixelのような、Daydreamレディの携帯電話とDaydream Viewヘッドセットが必要になる。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)