Facebook、企業ユーザー向けにFacebookとMessengerとInstagramをまとめた統合受信箱を提供

次の記事

TC Tokyo 2016のスタートアップバトル、勝者は遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」

Facebookは、企業のFacebook、Facebook Messenger、Instagramを使った顧客とのやりを便利にする新機能を披露した。

Facebookページのグローバル責任者、Benji Shomairはこの新しい機能について「最も要望の多かったものの一つ」と説明している。

従来、企業がFacebookとInstagramで顧客に対応するためには、それぞれのアプリを立ち上げる必要があった ― ソーシャルメディア上でのコミュニケーションが増えるにつれ益々困難になる(Facebookによると、Facebookページだけで毎月「50億件近いコメントとメッセージとユーザー投稿がある」)。

「中には、様々な要望に迅速に対応するために複数の電話機を持つ人もいる」と同氏は付け加えた。

これからは、Facebookのページマネージャーアプリを使って、企業はどのコメントにも ― Facebookの投稿、Facebookページの投稿、Instagramおよびビデオへのメッセージとコメント等 ― 返信できるようになる。個々のチャンネルに集中できるように専用のタブも作られる。

既にFacebookは、一部のユーザーでこれをテスト中で、今後数週間のうちに広く公開される予定だ(これはどちらかというと、小から中程度の企業に向いている。大企業は自社のソーシャルメディア活動を管理するために専用のアプリを持っていることが多い)。

ちなみに、Instagramを使っている時にはInstagramのコメントに普通に返信したいという人は、もちろんこれまで通りに行うことができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook