産業革命
格差

ロボット、仕事、そして変化に対する人びとの恐れ

次の記事

AIの学習手法は人間の教育にも応用可能

【編集部注】著者のSteve CousinsはSaviokeの創業者兼CEOである。同社は人間の環境で働き、人間の生活を改善する自律ロボットの開発と展開を行なっている。以前にはロボットインキュベーターのWillow Garageの社長兼CEOを務めていた。

経済に対する技術のインパクトという話になると、ロボットや他の進歩が、失業につながるのではという懸念が続いている。しかし、新しいテクノロジーが仕事と経済に及ぼす影響について歴史が教えてくれるのは実際にはどのようなものだろう?さらに重要なことは、自動化を拒否して技術革新を妨げた場合には、世界経済におけるアメリカの競争力はどうなるのか?

コンピュータ科学者として、研究者として、そして今は急速に成長しているロボット企業のCEOとして、私は自分のキャリアを人々の生活を改善し、企業の成長を助けるための技術構築に捧げてきた。自動化が急速に経済を変革し続ける中で、ロボットが社会にどのような影響を与えるかを深く気にしている。

だからニュース記事がイノベーションを祝うのではなく、恐怖を撒き散らすとき、私は落胆している。最近もボストンの調査会社Forresterが、ロボットによって2025年までに米国の仕事の7%が失われることになると予測した。しかし報道でしばしば報道されないものは、Forresterが、ロボットから得られると述べているものだ。Forresterのアナリスト、J.P. Gownderは次のように述べている。「これらのテクノロジーは本当に重要で、一部の仕事は無くなってしまいますが、全体としては多くの予言者が信じるほど悲観的ではありません。現実には、自動化は、まったく新しい職種を含む、多くの新しい雇用増加を促すでしょう」。

多くのデータが、テクノロジーの進歩によって実際に仕事が創出されるという事実を裏付けている — 退屈で高いスキルの不要な職業を排除すると同時に、まったく新しい仕事のカテゴリーを創出する。イングランドとウェールズにおける1871年以来の国勢調査データの調査では、この140年間に破壊された仕事よりも、はるかに多くの雇用が創出されていることが判明している。 「機械は、繰り返しと労力を要する作業により使われるようなるが、過去150年間に比べても人間の労働の必要性の排除に向かっているようには見えない」と、デロイトによる報告書には書かれている。

ロボットは通常「仕事」全体を置き換えるのではなく、その代わりに「タスク」を肩代わりする。

ロンドンの経済研究センター(Center for Economic Research)による2015年の別の調査によれば、ロボットの使用は生産性と賃金を向上させ、全体的な雇用には悪影響を及ぼさないことが示されている。この研究によれば、これまでの全体経済へのロボットの貢献は、鉄道や米国の高速道路などの、歴史的に重要な技術とほぼ同じである。ロボットは通常「仕事」全体を置き換えるのではなく、その代わりに物品の運搬、機械の操作、情報の提供などの「タスク」を肩代わりする。企業が反復的または危険な作業を遂行するためにロボットを使用するなら、従業員はより面白くて価値のある作業を行うことができる。

しかしForresterの予測が正しくて、ロボット工学が将来的に実質的に雇用を失わせるとしたらどうだろうか?現状維持のために、研究を止め、革新を止め、新しい技術を創造しようとするのを止めるのが解決策なのだろうか?

競争が激しい今日の世界経済において、イノベーションを阻止することを選択することは、わが国にとって壊滅的なものとなるだろう。 2016年のブルームバーグ・イノベーション・インデックスは、米国を世界で8番目に革新的な国と位置付けている。2015年には6番目だった。他の国は、特に第1位の韓国、第2位のドイツは、革新主導型経済の構築に全力で取り組んでいる。

競争力を維持しながら、革新的な製品を開発するために、米国は技術革新を減速ではなく、加速させる必要がある。エアコン、ワクチン、ロボット、スマートフォンなど、企業が人生をより良くし、働きやすく、人々の健康を向上させる製品やサービスを開発すると、経済は成長する。

技術進歩にとり残されていると感じている社会のメンバーを見捨てるのではなく、革新によって作られた仕事にその人たちを引き込む必要がある。

私は自動化が雇用に影響を与えないだろうと言うほどおめでたくはない。歴史的に、技術によって一部の仕事が排除され、他の仕事が創出されている。産業革命の間に機械が大量に出現したため、洗濯屋、鍛冶屋、織物業者は廃業を余儀なくされた。しかし、それらの労働者の多くは、より良い給与と、工場でのより安定した仕事を得た。それ以来変化のペースは減速していない。ソフトウェア、コンピュータ、携帯電話、ロボットなどの技術は、一部の仕事を絶えず排除し続けてきた(貸ビデオ屋、受付係、メールルーム係、タイピスト、電話オペレーター、など)し、他の仕事を生み出してきた(ビデオゲームプログラマー、3D建築デザイナー、ソーシャルメディア専門家、など)。

例え途中で痛みが増しても、長期的には自動化が経済にプラスの影響を与えるという点で、私はオバマ大統領に同意する。最近のインタビューで、オバマ大統領は「私は楽観的な立場をとりがちです…歴史的に見れば、私たちは新しい技術を吸収し、人々は新しい雇用を見出しそして創出し、移動し、生活水準が一般的に上昇してきました」と述べた。

イノベーションが起きようとしている。米国が世界経済において強固な地位を維持したいならば、それを止めることはできず、止めるべきでもない。それが私たちが集団的な挑戦と機会である、この移行をうまく乗り切る方法だ。収入格差は世界中で増加し続けており、教育を受けた個人は革新的な経済において急速に地位を獲得し、一方低技能労働者は低迷している。技術進歩にとり残されていると感じている社会のメンバーを見捨てるのではなく、革新によって作られた仕事にその人たちを引き込む必要がある。

技術の急速な進歩に社会のすべてのメンバーを組み込むためには、教育と訓練を含むだけでなく(もちろんそれらは本質的だが)、エンジニアが直感的で使い易い機械を設計することを必要とする。タッチスクリーンインターフェースとシンプルなコマンドにより、新しく登場するコラボレーティブロボットの多くは操作が簡単だ。販売員たちがハイテクレジスター(基本的には小売店)を使うことを学んだことと同じように、人々はサービス、ホスピタリティ、小売、ヘルスケアなどの分野でロボットを操作する方法を学ぶことができる。したがって、ロボットが日常的な作業を引き継いでくれることで、人間はこれらの機械を使う側としてより充実した仕事に就くことができる。

これは、私の会社においては、Relayデリバリーロボットが「チームの一部」となるように、役立ち、信頼性が高く、使いやすいものにすることを意味する。ロボットが企業の生産性と収益を高めるのを助けるため、これらの企業はより多くのスタッフを雇うことに投資する。

人間には先天的に変化を恐れる習性がある、それが技術が現状を混乱させるような場合には特にそうだ。しかし、歴史は、ロボットのような革新的な技術を取り入れることによって、大きな進歩が見られることを証明してきた。経済全体を成長させる進歩は、より安全で有意義な仕事を見つけ出し、競争の激しい世界市場でアメリカの地位を確保するのに役立つのだ。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)

FEATURED IMAGE: 3ALEXD/E+/GETTY IMAGES