位置情報共有
セーフティ

Hopeは友人たちと程よい距離の関係を保ちたい都会の女性向けアプリ

次の記事

ドローンとマルチスペクトル画像で森林の健康状態を観測するUCバークレーのテストプロジェクト

世の中にはあなたの「安全」を守ると称するアプリが沢山存在している。あなたが脅かされたり攻撃されたときに、すぐにあなたのメインの連絡先に電話をかけるアプリ。メインの連絡先とあなたの居場所を共有できるアプリ。しかし、現代の女性、特にニューヨークやロンドンのような大都市では、文字通り何から何まで共有するほどは気にすることはないと思う人にとって、自分のライフスタイルに本当に合ったものは存在していない。なので、この新しいアプリは、友人たちと近しい関係を保ちながらも、あまりにも近づきすぎることは望まない若い女性たちに訴求することを狙ったものだ。

「仮想BFF(Best Friend Forever=親友)兼コンシェルジュ」という売り文句が与えられているこのHopeアプリは、「ミレニアム時代の女性たちをつなぐソーシャルグルー(社会的な接着剤)」になることを望んでいる。アプリはiOS向けに出荷されたばかりだ。

表面的には、Hopeはユーザーが夜間の外出やデートの後、無事に家に帰ったことを自動的に知らせるスタンプベースのメッセージングアプリだ。だが、重要なことは正確な位置を知らせるわけではない点だ。

このようなことをする他のアプリには、レストランのを予約するチャットボット(Luka)や、あるいは場所を通知するためのアプリ(Google Trusted Contacts、Find My Friends、Zenlyなど)がある。しかし、メッセージングと位置情報共有を兼ねたものはない。

画面、4月1日

ジオフェンシングを使用して「家」や「仕事場」、あるいはお気に入りのバーやクラブなどをマークすると、アプリは単純にユーザーがどこにいるかではなく、そうした登録場所に「in」か「out」なのかだけを表示する。

創業者の Victoria Haynesは、ロンドンで豊かで多様な社会生活を送る女性として、自分のライフスタイルに合わせてアプリを制作したことを認めながら、こう語る「私たちは、ユーザーが快適だと思う方法で位置情報を利用します」。

Hopeは相手の携帯電話のバッテリー残量が、少ない、充電中、充電切れのいずれかを知らせ、同時にどの位の時間相手が「out」なのかを知らせる。これをオフにして、ユーザーが完全に制御できるようにすることもできる。

メッセージングサービス内のAI搭載のチャットボットには、レストランを予約したり、Uberを呼んだりするものもある。将来的には、ユーザーが美容院の予約をしたり、友だちと一緒に計画を立てたりできるようにすることが計画されている。メッセージのためのグループを設定することもできる、そうBFFたちのためなどに。

アプリはこれまでのところ「家族と友人」だけから資金を調達していたが、2017年初頭にはファンドレイジングを行う予定だ。

チーム

Haynes(創業者兼CEO)は以前、MEST(ガーナのMeltwaterにある非営利技術学校、シードファンド、インキュベーター)でアフリカの16社の新興企業に助言を提供して2年を過ごした。CTOのBadu Boahenは、以前はBeep AppとSaya Mobileの共同創業者兼CTOを務めていた。Sayaは、新興市場で数100万のデバイスにモバイルメッセージングをもたらし、2012年にはSFのTechCrunch Disrupt Finalistとなり、後に2014年に米国のKirusa社に買収された。残りのチームメンバーはOmar SeiduとKweku Gharteyだ。

アプリの動作する様子は以下の動画を参照:

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)