任天堂のスーパーマリオラン、12/15の発売後1ヶ月の売上予想は7000万ドル以上

次の記事

書評―会議でスマートに見せる100の方法(サラ・クーパー)

任天堂は新しいスマートフォン・ゲームのスーパーマリオランを12月15日に世界で公開する。ということはすでにあと1週間だ。伝説的配管工がiOSとAndroidプラットフォームに出ていくのはこれが初めてだ。アプリは無料でアプリ内課金で収益化を図るビジネス・モデルだが、任天堂にとって大勝利となりそうな予想が出た。

スーパーマリオランをダウンロードしてプレイするためには料金はかからない。当初はく任天堂のゲーム機での体験を利用したプレイが多いだろう。しかしユーザーはゲームの全機能を利用するためには9.99ドルを支払う必要がある。これは非常に大きな売上をもたらす可能性がある。Sensor Towerは当初の売上を予想する努力をしているが、それによるとApp Storeでの最初の1ヶ月の売上が7100万ドルという驚くべき数字になるようだ。もちろんポケモンGOクラッシュ・ロワイヤルに並ぶほどではない。しかしモバイル・ゲームの歴史上トップ3に入る成功を収めることになる(もちろんこの予測が正しいとしてだが)。

Sensor Towerが予想する売上金額は、すでに数百万に上っている予約数に基づくダウンロード数のうち、かなりの割合のユーザーが10ドルのアプリ内課金を支払うだろうという仮定をベースにしている。

super-mario-run-revenue-forecast

つまりSensor TowerのRandy Nelsonによれば、任天堂のビジネスにとってアプリ内課金のコンバージョン率がカギとなるということだ。Nelsonによれば、過去の例ではApp
Storeのトップアプリでも無料のユーザーに金を払わせるのは難事だったという。特に今回の場合、フル機能をアンロックするためには9.99というかなり強気な金額を支払う必要がある。ただし任天堂側では過去の専用ゲーム機での実績を踏まえて十分に成算のある額と考えているはずだ。

マリオの魅力が実際モバイル・ゲーマーにとってどれほどの価値があるか知るためにもうそれほど長く待つ必要はない。それでも12月15日の発売日が待てないというせっかちな読者はわれわれのテスト記事やApple Storeでのデモを参考にすることができる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+