Indonesia

もはや敵ではない。Uberがインドネシア第2位のタクシー会社とパートナー契約

次の記事

ミリ波ビームによる高速インターネット接続網を提供するStarry Internetが新たに$30Mを調達

Uberは世界中のタクシー運転手の厄病神だが、時として同じ方向に進むこともある。例えば今日(米国時間12/19)インドネシアでは、Uberが同国第2位のタクシー会社、Express Groupと契約を結び、同社のドライバーがUberのサービスを使って収入を上げることを可能にした。

なお、これは3ヵ月間のトライアルではあるが、Uberとタクシー会社が相互の利益のために手を組むという興味深く稀な事例だ。Expressドライバーの一部(両社とも人数は明らかにしていない)は、ジャカルタのUberXサービスに参加が許される。こうしてドライバーが収入を増やす機会を得ると同時に、Uberは非常に競争の激しい市場で運行台数を増やせる。

数ヵ月前と比べて実に大きな変化だ。当時インドネシアのタクシードライバー集団が、自分たちの客を奪うUberを始めとするサービスの禁止を求める抗議活動を起こし、数千人ものExpressドライバーが参加した。

このタクシー会社と組むことによって、Uberはインドネシアのライバル2社と直接競合することになる。東南アジアは2020年までにインターネット経済が年間2000億ドルに達すると予想されており、インドネシアはその主戦場として競争が激化している。東南アジア最大の経済規模をもつインドネシアの首都ジャカルタは、人口1000万人を超える巨大都市であり交通の需要も渋滞も大きい。

Uberの東南アジア最大のライバルであるGrabは、自家用四輪車・二輪車のオンデマンドサービスを始める前に、認可タクシー向けの予約プラットフォームとしてスタートした。新たな挑戦者で最近時価総楽10億ドルに達したGo-Jekは、オートバイのオンデマンドサービスだが、インドネシア最大のタクシー会社 ― Blue Bird ― とパートナー契約を結びアプリを通じて4輪タクシーも提供している。

Uberは韓国でも認可タクシーの配車を行っているが、こちらは現地の規制によるものだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook