ライブストリーミング

ケーブルテレビキラーのP2PアプリBitTorrent LiveがついにiOSに登場

次の記事

ザッカーバーグ、Facebookはメディアだと認める―ビデオ対談でフェイク・ニュース対策を約束

ケーブルテレビ会社たちが、低レイテンシーのライブコンテンツを大規模に配信できる高価なワイヤや衛星をコントロールしているので、テレビは彼らに支配されている。ケーブルテレビ会社はまた、ライブ配信のための他の選択肢がほとんどないため、チャンネル所有者たちに対して、有料加入者1人あたりの月額料金を規定することも可能だ。そして、ケーブルテレビ会社は、しばしば町の唯一の業者なので、消費者に法外な価格を課すこともできる。

しかし今、BitTorrentが、ファイルダウンロードのために行ってきたことを、ライブビデオでも実現した:データ転送の負担を中央のソースから分散させるピアツーピア技術を発明したのだ。 BitTorrentは、ケーブルや衛星ではなく、ユーザーのインターネット帯域幅に相乗りを行う。

P2Pライブストリーミングはライブコンテンツを配信する伝統的な方法よりもずっと安価であるため、BitTorrentは視聴者1人あたりの配信に対して、より多くをチャネル所有者に支払うことが可能である。 BitTorrentは、視聴者に対し無料で、またはケーブル購読よりもはるかに安価に、そのコンテンツを提供することができる。転送技術と、これらのチャンネルを集約するアプリはともにBitTorrent Liveと呼ばれている。

そのプロトコルがスマートテレビでデビューしてからおよそ1年たち、iPhoneへのリリースが期待されていた時期から6ヶ月経った今週、BitTorrent LiveアプリがiOS上でひそやかに利用可能になった。これまでは一般的なプラットフォームとしては遥かに少ないMac、Apple TV、そしてAmazon Fire TV向けだけに提供されていた。これは2009年以来続いていた開発の成果だ。

ビットトレント・ライブチャンネル

このアプリは、NASA TV、France One、QVC Home、TWiT(This Week In Tech)などの、ライブを見ることができる15のチャンネルを備えている。レイテンシーは約10秒だ。これは地上のケーブルよりも高速かもしれないし、コンテンツを1分以上遅延させる可能性のあるSling TVのようなシステムもある。

現時点での問題は、BitTorrent Liveのチャンネルの品揃えがまだ貧弱だということだ。今も有名ブランドチャンネルを取り込もうと交渉を行っている最中である。それはペイパービューを提供することもできるが、放送コストが安いため従来のテレビの同じコンテンツよりも安価である。

screen520x924

サインオンするチャンネルを増やすには、BitTorrent Liveにはもっと多くの視聴者が必要で…そのためにはより良いコンテンツが必要になる。それはちょっとした鶏と卵の問題だ。しかし、今日のローンチにより、大規模に分散されたモバイルプラットフォームに導入されたことで、より良いチャネルを引き込む魅力のある、多くの聴衆を引き付け始めることができるだろう。

(注:BitTorrent Live for iOSは記事の翻訳時点(12月22日11時30分)では日本のiTunes Storeではまだ利用可能ではない)。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)