任天堂、スーパーマリオランは4日で4000万ダウンロード、App Storeの新記録と発表

次の記事

AIの発展および不平等の拡大に関するホワイトハウス・レポート

任天堂はわれわれがそうだろうと思っていたことを確認した。スーパーマリオランは途方もないダウンロード数を確保している。任天堂の発表によると、このアプリはApp Storeにリリース後、最初の4日で4000万回ダウンロードされた。これはAppleのモバイル・アプリとして新記録だという。

われわれは前回の記事でもサードパーティーの調査会社がスーパーマリオランのダウンロードはポケモンGOの記録を破るかもしれないとしていることを紹介したが、今回の公式発表でそれが裏付けられた。

プレスリリースで任天堂は「スーパーマリオランはAppleのApp Storeの150の国と地域でダウンロード可能であり、うち140の市場で無料ゲームランキングの1位となり、100の市場で収益を上げたゲームのトップ10に入った」と述べている。

リリースはAppleのマーケティング担当上級副社長、フィル・シラーの発言を引用し、「スーパーマリオランがApp Storeのリリース初期のスピード記録を作った」としている。任天堂は「われわれのIP(知的財産)に触れることができる人々を拡大する」という方針を実現しつつある」という言葉でリリースを締めくくっている。

また同社はビジネスモデルについても「追加課金の心配なく安心してゲーム楽しめる」ことを強調している。また最近のアップデートでスーパーマリオランでは追加課金の必要なしに対戦モードで友達と戦えるようになった。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+