コネクテッドカー
スマート家電

Fordは今年の後半から、車にAlexaの搭載を計画

次の記事

Nvidiaはそのドライブコンピューターに運転助手機能を搭載しようとしている

多くの自動車メーカーが自社の車用にAlexaのスキルを搭載しているが、傾向としては車のオーナーがEchoデバイスを介して家の中から車を始動できるといったものである。FordとAmazonは、これとは逆方向にAlexaを統合しようとしている。FordのSYNC 3インフォテイメントシステムに組み込まれたAlexaを使い、車から家の制御を音声で行うのだ。

フォードのプレスリリースによると、Alexaの統合は「これまでの車両の中で最も包括的なもの」ということだ。 Alexa経由で利用できるスキルは、ドライバーにオーディオブックや音楽を再生させたり、家ではできないようなこと、例えば特定の目的地を指定してその経由地を車載のナビゲーションシステムに転送したりすることなどだ。

FordとAmazonは、消費者のためのインターフェースモードとしての声に高い価値を置いている。何より車内では音声ベースのインタラクションの方が、気晴らしにもなり運転に集中しやすくなる可能性が高いのだ。

Fordによれば、この車載のAlexaはこの夏頃からユーザーの手元に届くようになる。簡単に買い物リストにアイテムを追加したり、天気を調べたりするといった、ユーザーが慣れ親しんだAlexaの便利な機能を提供する。Amazonは、Alexa側の経験をコントロールし、車載用途としてさらに最適なサービスバージョンを構築するための注意を払いながら、統合に向けてのプログラミングを行っている。

Fordは、昨年のCESでプルーフオブコンセプトとして、Alexaの統合を実際にデモしていたが、今年後半に予定されている実展開に先立ち、現在Fordの従業員たちによるベータテストを進めている。私はAlexaの大ファンだ。そして私はずっと車の中で使えれば完璧なのにと思って来た。私が直接見たところでは、Fordの技術デモはうまく働き、通常の車載音声ナビシステムよりも、遥かに容易に利用可能な経路を尋ねて得ることができるようだ。

fordces_amazonalexa_1

Alexaが、家庭でのパフォーマンスを発揮することができるのか、それ以上に改善できるのかは、Echoベースのバージョンと比べて、ローンチに際しどのような種類の機能セットが用意されるのかによって大きく異なる。もしその機能のほとんどがそのまま使えるのなら、とても素晴らしいことだ – 車を車庫に入れながら、これから始まる楽しいNetflix(ストリーミングビデオ)のどんちゃんさわぎのためのホームシアターの準備を、Harmony(Alexaと一緒に動作する家電ハブ)を通して行うことができるようになりたいものだ。

またAlexaは家庭のEchoデバイスを通してFordの車両を制御するようにもなる。最初はFord Focus Electric、Fusion Energy、C-MAX Energiからだが、こちらの方はもっと早く提供される予定だ、今月の後半には、車のエンジンの起動と停止、ドアの施錠などを声を使って家の中から快適に行うことができるようになる。

Fordは私に、両社のパートナーシップ並びに、音声ベースのインタラクションの拡張と車内の仮想アシスタントの観点から見て、これは「ほんの入口に過ぎません」と語ってくれた。

 [原文へ

(翻訳:sako)