BetaworksのVoicecampは音声アプリの開発ノウハウを教える特訓合宿、一社あたり$125Kの資金が与えられる

次の記事

「リスクを恐れてはダメ、とにかくチャレンジすべき」 Gusto共同創業者が語った事業成長の秘訣

Betaworksのスタートアップスタジオが今日(米国時間1/12)、その二つめのアクセラレータキャンプ(集団育成事業、育成合宿)、ボイスキャンプ(voicecamp)を発表した。合唱団の特訓合宿のような名前だが、そうではない。

今年の初めに行われた最初のアクセラレータキャンプ事業はボットキャンプ(botcamp)と呼ばれ、チャットボットの人気の波に乗ろうとする企画だった。そして今回は、最近の新たな人気分野、音声(voice)駆動のアプリやシステムをテーマとするキャンプだ。

すでにAmazon Echo, Google Home, AppleのSiriなどは、市場に定着しつつあるが、Betaworksは、まだまだこれから新しいものが続々登場する、と想定している。

BetaworksのVP Pat Montagueはこう語る: “声は人間のコミュニケーションの中核に位置していて、だからこそ赤ちゃんのころから最初にそれが発達する。音声をベースとするコンピューター技術はコンピューターをより人間的にして、コンピューターの利用を人間との対話に近いものにする”。

この合宿の定員は8〜10社だ。一社が、シード前資金として12万5000ドルを受け取る(今後の増資もありうる)。期間は11週間で、場所はマンハッタンのMeatpacking DistrictにあるBetaworksの本社。

そしてbotcampのときと同じく、この分野のリーダーたちがメンターとしてつく。

“こんなの音声でなければできない!(音声だからこそできる)、というタイプのアイデアが出てくることが、いちばんの楽しみね”、だそうだ。なお、Amazon Echoは、買われた台数の約半分がキッチンに置かれているそうだ。キッチンは、手でコンピューターを操作したくない場所である。

voicecampの参加申し込みは、今日から受け付ける。その受付はここだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))