GoogleがAMP広告の改良でCloudflareやTripleLiftとパートナー、モバイル広告の高速ロードをねらう

次の記事

AWSのディープラーニングフレームワークMXNetがApacheソフトウェアの一員になる、対TensorFlow戦略の一環

Googleが今日(米国時間1/30)、広告パートナーたち向けに、Accelerated Mobile Pages(AMP)形式に関する発表を行った。AMPはモバイルWebのユーザー体験を高速化することがねらいで、とくに広告が、モバイルでもデスクトップでも、ページのロードを遅くする犯人であることは、よく知られている。そこでAMP形式の広告によりGoogleとそのパートナーたちは、広告のロードを前のように速くしようとしている。

今日発表されたGoogleの新しいパートナーは、ネイティブの広告ネットワークTripleLiftとパフォーマンスとセキュリティの企業Cloudflareだ。

TripleLiftのようなネィティブ広告のネットワークにとって、AMPのサポートを加えることはおそらく容易であり、同社は今それを、Time Inc.と共に試行している。同社によると、AMPの広告は通常の広告に比べてロード時間が6倍速く、そして3倍軽い。Time Inc. のデジタル担当VP Kavata Mbondoはこう語る: “AMP広告はWeb上のユーザー体験の重要な問題を解決する。TripLiftとのテストでは、広告の視聴率はAMPページ上のふつうの広告より13%アップした。CTR(clickthrough rate)やCPM(cost per impression)においても、同様の改良が見られた”。

approved-a4a-demo-gif-with-callout

セキュリティ企業のCloudflareは、AMP広告に別の方向からアプローチしている。同社が今日(米国時間1/30)ローンチしたFireboltは、広告の検証と最適化を行うサービスだ。AMP広告は、ふつうの広告と違って、それらがAMPページに載るためには、公認署名サービスによる検証が必要である。そこでCloudflareはこのたび、自らが検証サービスのひとつになったのだ。広告はCloudflareのAMPキャッシュを使って、より高速な配布を実現する。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))