広告技術

Conductorの新しいモバイルアプリは、顧客の探しているものを教えてくれる

次の記事

スタートアップピッチの前に理解しておくべき12のKPI

SEOプラットフォームと企業コンテンツマーケティングツールを提供するConductorが新しいモバイルアプリをローンチした。共同創業者兼CEOのSeth Besmertnikによれば、それは「顧客の声」に素早くアクセスする手段を提供するものだ。

ニューヨークを拠点とするConductorは、広い範囲のマーケティングツールを提供する前は、SEOに焦点を当てていた。Besmertnikは言う、「私たちがやっていることの中心は、顧客を理解することと、皆が望んでいることを理解することです。皆が望んでいるものを知れば、それを使ってより良いコンテンツを作り、良いマーケティングを行い、より良いメッセージを送ることができます」。

モバイル版では、既存のConductorのデータを使い、それを簡単に検索し理解することが可能になるということだ。アプリを使用すれば、マーケティングの基礎として利用を考えている用語を検索することができる。例えば、と言ってBesmertnikはアプリ上で「online therapy(オンラインセラピー)」という言葉を検索してみせた、その結果この用語に関連して顧客たちが検索している用語が表示された。

顧客の状況に応じた様々な段階でのフィルタリングも可能だ(よって、人びとが購入の決心をする直前に何を検索しているかを知ることができる)、そして企業がそのデータに対する理解を得ることを助ける洞察のフィードも届けられる。

Besmertnikは、Conductorアプリを使うのが、マーケティング担当者だけでなければ良いと考えている。その代わり「会社の中の誰もが、コンテンツのどんな一部でも変更する前に、顧客の声をわずか2分でチェックすることができるのです」と彼は述べた。

小さな変更でも大きな違いを生むことができる。Conductorによれば、そのツールを使うことで、AAAはその顧客が「savings」ではなく「discounts」を検索していることに気が付いた(savingsもdiscountsも、どちらも「値引」や「割引」という意味がある)。そこでウェブサイト全体の「savings」を「discounts」に置き換えてみたところ、トラフィックが30%増加したのだ。

新しいアプリは、Conductorの顧客全員から利用可能になっている。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)