コマース
amazon dash

このAmazonダッシュボタンはトランプに腹を立てるたびに人権団体に5ドル寄付する

次の記事

本に特化したフリマアプリ「ブクマ!」、累計出品冊数20万冊に達しAndroid版もリリース

Amazonのダッシュボタンは消費者のビヘイビアをとことんまで利用する、狂気か天才の発明だと思うが、あるプログラマーが、それの、人間がいとも簡単に金を払ってしまう機能の、もっと良い使い方を発想した: ACLUに寄付をするのだ。そのヒントになった彼のある友人はあるとき、怒り狂って、トランプが人間性に悖(もと)るひどいことを言うたびに、それに対する怒りのはけ口が欲しいから、ダッシュボタンで簡単に寄付ができるようにしてほしい、と言った。そこでプログラマーのNathan Pryorは、ボタンの改造に取り組んだ

Pryorが注文したのは、IoT的にカスタマイズできるバージョンのダッシュボタンだ。それが届くのを待つ間彼は、ボタンを押すたびにACLUに5ドルの寄付が行くコードを書いた。寄付をするAPIは既存のAPIの中にないから、そのコードも自分で書き、そして到着したダッシュボタンに実装した。そして最終的に、ねらいどおりに動くようになった。ボタンのグラフィクスのデザインも自分で考えて、洗剤のTide用などと同じく、公式のダッシュボタンに見えるようにした。

そしてこれからは、トランプがツイートするたびに、そのボタンを叩けばやや怒りが和らぎ、しかもちょっとした善行ができる。彼はコードを公開しているから、誰もが同じことをできる。あなたが怒りを我慢できない人で、多少技術力があり、そしてトランプの言うことがいつも頭にきている人ならね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))