セキュリティカメラのNest Cam、ドアを自動認識してモニターが可能に

次の記事

PayPal、キャッシュ支払サービスのTIO Networksを2.33億ドルで買収へ

今日(米国時間2/14)午前、NestはNestアプリの改訂版を公開し、新機能をいくつか追加した。

特に注目すべきは高度なコンピュータービジョンの活用だ。今回のアップデートでNest Aware(月間10ドルからの有料サービスで、映像をストリームするたけでなく記録することが可能)は、映像視界の中で自動的にドアを認識しその領域を「アクティビティー・ゾーン」として特別な通知を送れるようになった。通知内容は単に「リビングルームで動きがあった」ではなく、「リビングルームのドア付近で動きがあった」等の警告が通知される。

もちろん、アクティビティー・ゾーンは何年も前から設定できたが、特によく使われそうなケースを自動化することで多くの人(自分で小さな四角を描いたりできないか、できることを忘れていた人たち)が実際に使うようになることが期待される。

Nest Awareが最初にコンピューター・ビジョン機能を導入したのは昨年7月で、あなたの部屋の中で動いているものが人間(らしい)と認識するとその旨を通知できるようになった。

なお今回のアップデートでは他にもいくつか新機能が加わった。

  • iOS 10およびAndroid 7のアプリは、Nest Awareが動きを検知したときに動画プレビューで通知が送られてくる。従来は静止画の(大ていは小さな)サムネイルだった。
  • Android 7.1(Nougat)のユーザーは、ホーム画面からアプリショートカットで、特定のカメラビュー等の画面に少ないタップ数でジャンプできる。
  • Nest Protectアラームを持っている人は、煙を検知すると接続されているNest Cam全部から自動的にビデオが送られる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook