Google Compute Engine
G

GoogleのCompute Engineの最大仮想マシンが64コアRAM 417GBとなる…AWSの優位動かず

次の記事

GoogleのCloud Platformが常時無料プランと無料トライアルの両方を拡大してクラウド新人たちがAWSへ傾くのを防ぐ

GoogleのCompute Engineが提供する仮想マシン‘一台’の最大コア数が32から64へ倍増した。このハイパワーマシンは今ベータだが、Googleの標準構成とユーザー指定のマシンタイプ(コア数とメモリ)で利用できる。

64コアを指定した場合は、最大メモリサイズがRAM 416GBになる。単一仮想マシンのメモリとしてはこちらも倍増になり、ハイエンドのインメモリデータベースのようなメモリ集約的なアプリケーションを十分に動かせるだろう。

料金は1時間3.7888ドルだが、長期ユーザーの値引きはもちろん適用される。

“ここが終点ではない”、とGoogleのUrs Hoelzleが今日のCloud Nextのキーノートで述べた。“今年後半にはコア数がさらに増え、メモリサイズはTB級になるだろう”、と彼は言った。

なお、AWSのEC2はすでに、コア数128、最大メモリ2095.944GB(2TB+)のマシンを提供している。これらの特注規格を選んだ場合は、料金は1時間13.388ドルになる。Microsoft Azureの仮想マシンは、現在の最大が32コアだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))