リクルートが新サービス「SUUMOドライブ」で駐車場シェアに参入、SUUMOの資産を活用

次の記事

授乳室検索アプリやスマート授乳室を展開するTrimが7000万円の資金調達、全国展開を促進

ライドシェアや民泊など需要と供給を上手くマッチングすることで、空き時間や場所といった遊休資産を効果的に活用するシェアリングエコノミー型のビジネス。幅広い分野で多様なサービスが展開されているけれど、中でも現在国内でホットな領域となっているのが「駐車場」のシェアリングだろう。

2016年には「タイムズ」でおなじみのパーク24や「三井のリパーク」の運営元である三井不動産リアルティといった業界の大手企業が続々と参入しているし、2017年2月には楽天が「ラクパ」を発表したばかり。もちろん大手企業だけでなく、トヨタと業務提携を結んでいるakippaを筆頭に、複数のスタートアップやベンチャーもこのビジネスに取り組んでいる。

そんな盛り上がりをみせる領域へ、また1社大手企業が参入することになりそうだ。リクルート住まいカンパニーは3月23日、新サービス「SUUMOドライブ」で駐車場シェアリングビジネスに新規参入することを明らかにした。同サービスのリリースはゴールデンウィークごろを目安にしており、現在はティザーサイトが公開されている状況だ。

全国の不動産会社と繋がりのあるSUUMOの資産

基本的な仕組みは一般的な駐車場シェアリングサービスと同様に、空き駐車場を持つオーナーと駐車場を探すドライバーをマッチングするもの。時間は15分単位で10円〜と短時間、少額から駐車場の貸し借りでき、ドライバーは駐車場の検索から予約、クレジット決済までをアプリ上で済ませられる。

一見大きな特徴がないようにもみえるが、リクルートはなぜこのタイミングで参入を決めたのだろうか。担当者によるとそこには「SUUMOに蓄積してきた資産」が関わっているという。

「全国600万件の物件情報を扱うSUUMOは、全国の不動産会社と繋がりがある。不動産会社は多くの駐車場を抱えており、そこを埋めてほしいというニーズが強い。現状日本では車の台数と比べ時間貸しの駐車場が圧倒的に不足しており、そこの在庫をいかに獲得していくかというビジネスにおいて、SUUMOに溜まっている繋がりや物件数という資産を活かせれば勝算はあると考えた」(SUUMOドライブ担当者)

不動産会社側としては、できれば月極駐車場として貸し出したいという想いがある一方で、そこまで広告費をかけられるわけでもなく集客に苦しんでいるという現状がある。

そこでまず月極駐車場の無料募集ができる「SUUMO月極駐車場」を2016年8月にリリース。もし月極で決まらなくても、「SUUMOドライブ」を使って時間貸しをすることで収益をあげられるという2つの選択肢を、駐車場を貸し出すオーナー側に用意している。

時間貸しの料金については、周辺のコインパーキングの料金をデータを取得・分析し、自動で最適な金額(コインパーキングよりはかなり安い)を算出する仕組みになっており、まずはオーナー側にとって使いやすいシステムを作ることで、利用できる駐車場を増やしドライバー側の選択肢も増やしていく狙いだ。

現在SUUMO月極駐車場には約1万カ所の駐車場が掲載されているとのことで、これらの駐車場が「SUUMOドライブ」を介して貸し借りできるように促していくという。

ちなみに「SUUMOドライブ」は2015年の社内新規事業コンテストにて新卒社員2名が起案し、入賞したプロジェクトとのこと。社内でも非常に期待の集まっており、後発である同サービスがどこまで利用者を増やせるのか注目だ。