SpaceX、再利用したFalcon 9の2度目の回収に成功

次の記事

BaiduのAIチームが知識を一般化できる人間的能力を仮想エージェントに与えた

SpaceXは今日の歴史的宇宙飛行でもう一つの重大任務を完了した。Falcon 9ロケットを浮遊ドローン船で回収することに成功した。これが大きな偉業である理由は、以前にも同じロケット同じドローン船で同じことをしているからだ。Falcon 9は昨年4月の国際宇宙ステーションの補給ミッションで打ち上げおよび回収に成功している。

今回のFalcon 9回収は,SpaceXが打ち上げにロケットの再利用に成功しただけでなく、ストレス試験と評価をした後にもう一度再利用できる可能性があることを意味している。

「今日は宇宙業界にとっても、宇宙全体にとっても驚くべき日だ」と回収直後のインタビューでElon Muskが語った。「軌道に乗るロケット繰り返し飛ばすことができる。打ち上げロケットは宇宙飛行でもっとも高価な部品だ」。

「ここまで来るのに15年かかった。いくつもの困難を乗り越えてきた」とMuskは付け加えた。「この驚くべき偉業を成し遂げたSpaceXチームをただただ誇りに思う」。

Muskは彼自身が従来行ってきたロケット飛行との違いを繰り返し強調した。打ち上げるたびにブースターロケットを捨ててしまうのは、フライトのたびに飛行機を捨てるようなものだという。もちろん、それはあり得ないことでありそこが彼の要点だ。ロケットを再利用することで宇宙旅行のコストを劇的に下げることができる。SpaceXの究極の目標はビジネスに成功するだけでなく、人間を「多惑星種」にすることだ。

この偉業の大きさはいくら強調してもたりないが、やるべき仕事はまだ山ほどある。SpaceXのゴールはロケットを〈同じ日〉に再打ち上げすることだ。これは明らかにスケールの違う挑戦だ。それでも今日証明されたことが一つある。確実にそこに近づいている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook