SpaceX、衛星打ち上げでブースター再利用に成功―ここでライブ中継中

次の記事

Amazon、Diapers.comなどQuidsi事業部の閉鎖を発表―5.5億ドルで2010年に買収

今日(米国時間3/90)、SpaceXはFalcon 9ロケットで静止衛星を打ち上げる。中継は 6:27 PM EDT (3:27 PM PDT) 〔日本時間で現在中継中〕。SpaceXは何度も静止衛星打ち上げに成功しているが、今回は重要な次の一歩だ。 今回用いられるブースター、つまりロケットの1段目は再利用されている。ペイロードはルクセンブルクに本拠を置く放送衛星運用企業、SESの静止衛星だ。

上のライブ中継で一部始終を見ることができる。打ち上げ可能となる時間帯が始まる30分前、つまり:27 PM EDT (3:27 PM PDT)から中継がスタートする。いわゆる「打ち上げの窓」は中継開始から2時間半程度となる。実際に打ち上げが行われるかどうかは天候や機材などさまざまな要因によって決定される。この記事の執筆時点でロケットはケープカナベラルのケネディー宇宙センターのLC 39A発射台に予定通り設置されている。

〔日本版〕現在ライブ中継は終了。日本時間午前7時32分現在、再利用ブースターは正常に燃焼、切り離しも成功し衛星は静止遷移軌道に投入された。ブースターの大西洋上のドローン艀への回収にも成功している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+