VPNサービス
プライバシー

プライバシーへの不安が高まる今、15分で自分専用VPNサーバーを立ち上げてみた

次の記事

ショーン・パーカーのがん研究所、治療の有効性がわかる血液検査法を発見か

インターネットプロバイダーが利用者の個人情報を広告主と共有できるようにする法案を、議会が通過させたために、皆が(当然ながら)プライバシーに関する不安を抱いている。ただ、あなた自身のプライバシーを守ることは重要だが、だからといってVPNサービスに登録して全てのトラフィックをVPNサーバーを通さなければならないということではない。

VPNを使っても匿名性は保たれない

さて、ではVPNとは一体なんだろう?私は既にVPNを解説する記事を書いているが、そこではVPNを映画のカーチェイスに喩える簡単なコンセプトを使って説明した。

簡単に要約するならば、コンピューターや携帯電話をVPNサーバーに接続すると、サーバーとあなたのデバイスの間に暗号化されたトンネルが確立されるということだ。このトンネルの中で何か起きているかは、たとえあなたのインターネットプロバイダーでも知ることができない。

にも関わらず、それであなたが魔法のように匿名化されたというわけではない。あなたのすべてのインターネットトラフィックを見ることができるVPN会社に対して、リスクを移管しただけのことだ。実際のところ、その大多数があなたのデータを既に、詐欺師と広告主たちに売り渡している。

これが私がVPNサービスに登録することをお勧めしない理由だ。彼らは信頼できない。

補足しておくなら、今や多くのサイトがセキュアなコネクションをユーザーのブラウザーとウェブサイトの間に確立するために、HTTPSを利用している。TechCrunchももちろんそうだ。可能な限り多くの場所でHTTPSを利用することを確実にするために、HTTPS eveywhere拡張をインストールしておくべきだ。

しかしVPNもときどきは役に立つ。公衆ネットワークからのアクセスがブロックされているウェブサイトにアクセスしたいこともあるだろう。あるいは中国を旅行しているときにGmailアカウントにアクセスしたいこともあるかもしれない。そうした場合には、大切なのはVPNを使いながらリスクを最小化するということだ。

独自VPNサーバーのセットアップ

議会が大失敗をやらかす前に、Wozが私の以前のVPNの記事にコメントしてくれたように、あなた自身で独自VPNサーバーを運営することも可能だ。

しかしもし、家庭の回線接続が不安定だったり、家からのアップロード方向の速度が遅い場合には、とても実用的には利用できない。

そこで私はAlgo VPNを少々試してみた。これはクラウド内のVPNを、開発に関してあまり知識はなくても、わずかの時間で設定させてくれるスクリプト群だ。その結果、Trail of Bitsによるこのアプローチに、私がとても感心したことを書かなければならない。

私はDigitalOceanのサーバー、Amazon Web Serviceのインスタンス、そしてScalewayのサーバー上にVPNサーバーを設置してみた。そして、その設置後数分で、上記すべてのVPNサーバーに、私のMacとiPhoneから接続することができた。

Algo VPNがVPNインストールプロセスを自動化してくれるので、サーバーに対してSSH接続を行って込み入ったコマンドラインを実行する必要はないのだ。

まず必要なものをインストールするために、手元のコンピュータ上で3つほどのコマンドラインを実行する。その後、DigitalOceanのようなクラウドプロバイダにサインアップして、そのターミナルの中でAlgo VPNセットアップを実行する必要がある。この記事を公開したあとで変更があるかもしれないので、ここにはインストールプロセスの詳細を書くことは控えるが、必要なことは全てGitHub上の公式リポジトリで説明されている。

DigitalOceanでは、独自のサーバーを作成して設定する必要はない。Algo VPNは、DigitalOceanのAPIを使用して、サーバーの作成から設定までの全てのことを行ってくれる。

セットアップウィザードの終了時に、ローカルハードドライブ上にいくつかのファイルが置かれる。例えば、MacOSの場合、その生成された構成プロファイルをダブルクリックすると、VPNサーバーをネットワーク設定に追加した上で、そのVPNサーバーへの接続が行われる。macOSとiOSの上でネイティブ動作するので、別途VPNクライアントをインストールする必要はない。

簡単にまとめよう:

  1. DigitalOceanのような、クラウドホスティングプロバイダーの上に、アカウントを作成する。
  2. Algo VPNをローカルコンピュータ上にダウンロードして、unzipなどで展開する。
  3. このページのコマンドラインを実行して必要ファイルをインストール。
  4. インストールウィザードを実行する。
  5. configsディレクトリに置かれる構成プロファイル(configuration profile)をダブルクリックする。

使い捨てのVPN

自分自身のVPNを運営しているからといって、インターネットで更に安全になったというわけでもない。今度は、リスクがトンネルからクラウドホスティングプロバイダーへ移動したということだ。

例えばMicrosoft AzureのインスタンスでAlgo VPNを使用している場合でも、もしNSAがあなたを邪悪な人だと考えたならば、彼らはMicrosoftに対してあなたに関する情報を問い合わせることができる。Microsoftはあなたの支払い者情報を持っているからだ。

しかしAlgo VPNには元気付けられるものが備わっている。使い捨てVPNを設定できるのだ。数分で新しいVPNサーバーを起動して、その新しいVPNに接続することができるのだ。終了と同時にインスタンスを削除してしまい、このVPNが存在しなかったようにすることができる。

こうしたサービスは1時間あたり大体0.006ドルほどのチャージだったり、様々なボーナスで更に安く利用できることが期待できる。なので、VPNサービスと契約するよりも遥かに安いものとなる。そして、VPNサーバーを他のVPNユーザーと共有することもないので、遥かに良いパフォーマンスを得ることもできる。例えば、私の設定したAWS VPNサーバーからは、素晴らしいネットワーキング性能が得られている。

Algo VPNは、DigitalOcean、AWS、Microsoft Azure、そしてGoogle Cloud上でのセットアップを簡単にしてくれるが、私は他のホスティングプロバイダーでも利用できるかどうかを見るために、Scalewayでも設定してみた。そして、それは最小のUbuntuクラウドサーバー上で完全にうまく動作した。

もし少しでも技術的な知識を持っているなら、商用のVPNサービスを登録する理由はないと思う。Algo VPNを使ったのでそう思うようになった。私は自分自身では当局に自分のデータを渡すことはないと信じている(まあ当然だ)。私は世界のAmazonたちやGoogleたちが私のプライバシーのために戦ってくれるとは必ずしも信じてはいないが、私のホスティングデータをサードパーティの広告会社や、詐欺師たちに売ることはないだろうと思っている。彼らの消費者向けサービス内の私の個人情報に関しては、あまり安心してはいないが、それはまた別の記事のトピックとすることにしよう。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)