Appleが元Googleの衛星部門の役員二名を雇用、目的はハードウェアのプロジェクトらしい

次の記事

アジット・パイFCC委員長、ネット中立性について今週、講演予定

Bloombergによると、Appleはこのほど、Googleで衛星部門の役員だったJohn FenwickとMichael Trelaを雇用した。Googleは最近、同社の衛星画像事業(Fenwickが元いたSkyboxから買収)をPlanet Labsに売ったばかりで、衛星ネットワークのオペレーターであるよりも、画像の一利用者であることを選んだ。そのためFenwickら両人は、同じ市場で新たな仕事を求めていたようだ。

FenwickはGoogleの元宇宙事業の主席、Trelaは衛星部門の技術チームを統括していた。Appleはこの二人を起用して、何をするのか? Bloombergはいくつかの可能性を挙げているが、大きく言うとそれらは、画像または通信を目的とする衛星技術の構築や運用だ。

その記事はさらに、Boeing社が低地球軌道に展開している約1000基の衛星ネットワークを利用するブロードバンドアクセス計画の、‘仲間に加わる’件で、AppleがBoeingと話をした、とも報じている。Teslaにも同様の計画があるが、そちらは、人間を地球外植民地に送り込むなど、大規模な宇宙プロジェクト用らしい。

Appleが新たに雇用した元Googleの衛星部門役員は、元DropcamのファウンダーGreg Duffyの下に入り、衛星の仕事をしないこともありえる、と記事は言っている。DropcamはNestが買収してAlphabet傘下となったが、その後協同ファウンダーのDuffyはAppleへ行った。

Appleがこれから宇宙関連の事業として何をするにしても、FenwickとTrelaが知識経験共に豊富な、優秀な人材であり、Appleの貴重な資産になることは間違いない。非常に興味深い新規雇用ではあるけれども。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))