有機太陽電池を使ってソーラーサングラスを作る

次の記事

あらゆるIoTデバイスのためのクラウドプラットホームを提供するWiaが€750Kのシード資金を獲得

ここ数年、ソーラー発電サングラスのコンセプトが現われては消えていくのを見てきたが、何かの理由で顔にソーラーパネルをつける夢は未だに捕らえどころがなかった ―― 今日までは。ドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)の天才エンジニアたちが、有機太陽電池を使ったサングラスを作ることに成功した。しかも太陽を直接見つめなくても動作する。

このレンズは通常のガラスまたはプラスチックレンズと同じように、市販のフレームに合わせて切ることができる。有機太陽電池の効率は必ずしも高くないが、柔軟で多用途なため、硬質で不透明なソーラーセルが使えない状況でも利用できる。

「私たちが開発したソーラーサングラスは、一般の太陽電池が利用できない場面で有機ソーラーセルを使う実例のひとつだ」とKITの大学院生でプロジェクトに参加したDomink Landererが同大学のニュースリリースで語った。

サングラスの左右の蔓(つる)には電流を変換するためのカスタム基盤が内蔵されていて、今回の装置では温度と明るさを表示するために使用されている。なぜ、明るさを知るための表示が必要なのかわからないが、まあこれは研究プロジェクトなので」。

ソーラーセルが発電した電力は、表示に使用したあとでも200 ミリワットほど余っている。これは携帯電話で使えるほどではないが、歩数計や無線発信機、小型スピーカーなどの低消費電力デバイスを駆動したりささやかに充電したりするのに使える。家や事務所などのほのかな明かりの下でも使える。実験ではバッテリーを組み込んでいない ―― リアルタイムに収集したエネルギーだけを使っている。

テクノロジーと製造技術が進歩すればもっと面白い応用ができると研究者らは期待している。研究成果はEnergy Technology誌に掲載されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook